ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

イーサリアム2.0へ向けデポジットコントラクトリリース、AP通信がBC上で米大統領選挙結果を公開、LayerXがつくばスマートシティ協議会加入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

イーサリアム2.0(Ethereum2.0)のローンチにつながるデポジットコントラクトがリリース、AP通信がイーサリアム(Ethereum)とイオス(EOS)のブロックチェーン上で米大統領選の選挙結果を公開、ブロックチェーン企業LayerXが電子投票の実現ならびに普及に向けつくばスマートシティ協議会に加入、ユーグレナがみんな電力のP2P電力トラッキングシステムを利用して再生可能エネルギー100%電力の使用開始、Shelf APがブロックチェーンを活用した中古車売買マーケットプレイスの提供を開始

ユーグレナがみんな電力のP2P電力トラッキングシステムを利用して再生可能エネルギー100%電力の使用開始

株式会社ユーグレナが、同社保有のバイオ燃料用の藻類生産実証研究施設である藻類エネルギー研究所において、再生可能エネルギー100%電力の使用を開始したことを11月4日に発表した。なお使用する再生可能エネルギー100%の電力は、みんな電力株式会社のブロックチェーンを活用したP2P電力トラッキングシステム「ENECTION2020」を通じて、三重県度会町の度会ウィンドファームの風力発電による電力を購入するとのことだ。

MUFGと米アカマイの子会社GO-NET Japanが開発する決済サービスが2021年に利用開始か、香港証券取引委員会が暗号資産取引所規制へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイの子会社GO-NET Japanが開発する決済サービスが2021年に利用開始か、香港証券取引委員会が暗号資産(仮想通貨)取引所を規制へ、中国の大手決済企業ユニオン・ペイと韓国モバイル決済大手のダナルが暗号資産(仮想通貨)決済用のプリペイドカードを発行か、ビットバンクの暗号資産(仮想通貨)レンディングサービスが全取り扱い通貨対象に、EYジャパンが無料ウェビナー「Japan Blockchain Summit 2020」を11月5日15時より開催

中国の大手決済企業ユニオン・ペイと韓国モバイル決済大手のダナルが暗号資産(仮想通貨)決済用のプリペイドカードを発行か

中国のクレジットカード企業ユニオン・ペイ(銀聯)が韓国のモバイル決済プロバイダー企業ダナル(Danal)と提携して共同でプリペイド型の暗号資産(仮想通貨)決済カード「PayCoinカード」を発売する予定であると11月4日にLedgerinsightsが報じた。

三菱UFJフィナンシャル・グループと米アカマイの子会社GO-NET Japanが開発する決済サービスが2021年に利用開始か

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が米アカマイ・テクノロジーズと共同で設立した子会社GO-NET Japanで、ブロックチェーン基盤を使った高速・大容量の決済ネットワークサービスを2021年に始める予定であることを11月2日に日本経済新聞が報じた。GO-NET JapanはMUFGが80%、アカマイ・テクノロジーズが20%の株主持分として設立された会社で、 取締役会長はMUFGの亀澤宏規(かめざわひろのり)社長が務めている。

ビットバンクの暗号資産(仮想通貨)レンディングサービスが全取り扱い通貨対象に

ビットバンク株式会社が、同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクにおいて提供する暗号資産(仮想通貨)レンディングサービス「暗号資産を貸して増やす」の対象通貨を同取引所で取り扱う暗号資産の全銘柄に対応したことを11月2日発表した。

ファーウェイ新型スマホに中国デジタル人民元のハードウォレット搭載予定、日立がブロックチェーンシステム開発支援サービス提供開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ファーウェイ(Huawei)新型スマホに中国デジタル人民元のハードウォレットが搭載予定、日立が「ブロックチェーンシステム開発支援サービス」を提供開始、イスラエルの暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォーム開発企業INXが自社のデジタル証券をカナダ証券取引所へ上場申請、ベルギーのデジタル資産流動性プロバイダーKeyrockがシリーズAで約5億2,400万円の資金調達を実施

ファーウェイ(Huawei)新型スマホに中国デジタル人民元のハードウォレットが搭載予定

中国通信機器大手ファーウェイ(Huawei)が同社が新たに販売する新型スマートフォン「Mate 40」シリーズに中国人民銀行が開発を進めているデジタル人民元(中央銀行デジタル通貨/CBDC/DCEP)のハードウォレットを搭載することを10月30日ウェイボー(微博)にて発表をした。

ベルギーのデジタル資産流動性プロバイダーKeyrockがシリーズAで約5億2,400万円の資金調達を実施

ベルギーのデジタル資産の流動性プロバイダー企業であるキーロック(Keyrock)がシリーズAで約5億2,400万円(430万ユーロ)の資金調達を行ったことを発表した。このラウンドに参加した新規投資家はシックス・フィンテック・ベンチャーズ(Six Fintech Ventures)とミドルゲーム・ベンチャーズ(MiddleGame Ventures)だ。既存の株主投資家であるヴォルタ・ベンチャーズ(Volta Ventures)、シーダーファンド(Seeder Fund)、ティーエヌエヌ・パリモニー(TNN Patrimony)もシリーズAに加わった。

イスラエルの暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォーム開発企業INXが自社のデジタル証券をカナダ証券取引所へ上場申請

イスラエルで設立された暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームの開発企業INX Limited(アイエヌエックス・リミテッド)が、カナダ証券取引所へ自社のデジタル証券「INX Token」の上場申請を行ったことが10月30日に明らかになった。

暗号資産取引所FTXがテスラ株などをトークン化し提供へ、カナダの中銀デジタル通貨PJ実行フェーズへ、マスターカードが農業系BC企業と提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所FTXがテスラやネットフリックスなどの株式をトークン化し1株未満で提供開始予定、カナダ銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトが概念実証フェーズから実行フェーズへ、マスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明化のために農業系ブロックチェーン企業グレインチェーン(GrainChain)との提携発表、JPモルガンがブロックチェーン利用の銀行間情報ネットワークを「Liink(リンク)」にリブランド、SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定、アステリアがブロックチェーン活用の3密回避Webアプリを開発

SBIが支援するブロックチェーン技術を利用したプレミアム付電子商品券が福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会にて発行決定

SBIホールディングス株式会社が、同社の地域活性化を推進する取り組みの一環として支援をした自治体によるプレミアム付き商品券の電子化する取り組みにより、福岡県福岡市平尾商工連合会及び箱崎商店連合会から「ひらぐらペイ(平尾商工連合会発行)」及び「キャッシュレスハコぽっぽ(箱崎商店連合会発行)」が提供開始されることを10月29日発表した。

コインベースが最大4%の暗号資産付与のデビットカードローンチ、コンセンシスがデジタルユーロとタイのCBDC実証実験参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが米国で最大4%の暗号資産付与のデビットカードのローンチを発表、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがデジタルユーロの実証実験に参加、イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがタイの中央銀行デジタル通貨(CBDC)のプロトタイプの実証実験に参加、住友商事とbitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用サービスを開始

イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがデジタルユーロの実証実験に参加

イーサリアム専門のブロックチェーン開発企業米コンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン特化のフィンテック企業ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale)のグループ企業である「フォージ(Forge)」に選ばれ、デジタルユーロの実験の支援を開始したことを10月28日に発表した。

イーサリアム専門の開発企業コンセンシスがタイの中央銀行デジタル通貨(CBDC)のプロトタイプの実証実験に参加

イーサリアム専門のブロックチェーン開発企業米コンセンシス(ConsenSys)が、タイの中央銀行であるタイ銀行(Bank of Thailand:BOT)のCBDC(中央銀行デジタル通貨)プロジェクトの技術パートナーに選ばれたことを10月29日発表した

暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが米国で最大4%の暗号資産付与のデビットカードのローンチを発表

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する米コインベース(Coinbase)が10月28日よりユーザーのCoinbase Cardの利用申し込み開始を行ったことを発表した。Coinbase CardはVisa Debit cardsとなっていて、ユーザーはカード利用時に最大4%の暗号資産を獲得できる可能性がある。利用対象はハワイを除く米国内のすべての対象となるCoinbaseアカウントを所有するユーザだ。

住友商事とbitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用サービスを開始

住友商事株式会社と株式会社bitFlyer Blockchainが、bitFlyer Blockchain開発の独自エンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」を活用した不動産賃貸契約プラットフォーム「スマート契約」のプレ商用サービスを10月1日から開始したことを10月28日発表した。なお「スマート契約」の本格商用サービス開始については2021年を予定しているとのことだ。