人気の記事

トークンエコノミーの価値を左右するインセンティブデザインとモチベーションコントロール

ブロックチェーンの本質は、トークンエコノミーの形成にある。インセンティブデザインとモチベーションコントロールを循環の設計に組み込むことで、より多くのステークホルダーがトークンエコノミーに参加するようになり、トークンの価値は最大化される。トークンエコノミーにおける価値の最大化の仕組みと、なぜ価値を最大化する必要があるかについて解説するコラム。

日本の仮想通貨取引所業界の再編成が進むか、バイナンス、Zコーポレーション、TAOTAOが戦略的提携に関する交渉を開始

Zホールディングス株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社と同社の子会社であるTaoTao株式会社世界最大級の暗号資産取引所を運営するBinance Holdings Limitedは、日本市場における戦略的提携に向けて交渉を開始することに合意したことが明らかになった。

ブロックチェーンのポイントは分散型であるということで、誰にも支配されていないということ。本田圭佑のブロックチェーン・ファンドが始動〜「ADVERTISINGWEEK ASIA」本田圭佑氏/大日方祐介氏基調講演レポート

本田氏は「たぶんすごく多くのの人がブロックチェーンとか仮想通貨を誤解していて、言葉を選ばず言えば、金を稼ぎたい人たちがどんどん参入してきて訳のわからないトークンを発行してということが溢れてしまって誤解が広がっている。でもベースになっているビットコインやイーサリアムの思想は、もちろん技術もこれからだし、ベイビーのフェイズだけど本当に未来なんですよ」と思いを語った。

Web3時代のブラウザにあたるものを発明する〜Aerial Partners 代表取締役 沼澤健人氏インタビュー(1)

実は創業の時からチーム内では目標として掲げていたのですが、今年改めて「Web3.0時代の新しい情報管理インフラをつくる」つまり「Web3時代のブラウザにあたるものを発明する」という目標を強く打ち出しました。 現在に至るいわゆるWeb2までのインターネットでは、根幹技術として高速インターネットがあり、インタラクティブなコミュニケーションが可能になりました。そして、ここまでのインターネット史における最大の発明は、インターネット上の大量の情報の中で、ITリテラシーが低い人でも自分が欲しい情報にアクセスできるようにした、モザイクから発展していったWebブラウザだと思っています。

仮想通貨(暗号資産)やその秘密鍵をどう相続するか?〜Aerial Partners 代表取締役 沼澤健人氏インタビュー(2)

具体的には個人の利用者がDappsゲームの利益やDEXでの取引を管理する仕組みなどを構築しています。また、事業者向けにはイーサリアム上で構築されるDapps提供者を対象にオンチェーンのトランザクションを管理・損益計算して、会計上の仕訳データを自動排出する仕組みの提供もスタートしています。

バイナンスがZコーポレーションとTAOTAOと戦略的提携に関する交渉を開始、JCBが富士通と決済連携プラットフォーム開発プロジェクトを開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本の仮想通貨取引所業界の再編成が進むか、バイナンス、Zホールディングス、TAOTAOが戦略的提携に関する交渉を開始、JCBが富士通とブロックチェーンを活用した決済連携プラットフォーム開発プロジェクトを開始、仮想通貨取引所Geminiがキャプティブ保険会社「ナカモト」を設立、クリプトゲームスとブループリントがパートナーシップ締結

音喜多議員が金融庁と麻生大臣にステーブルコインについて質問、MUFGとProgmatの協業開発を発表したLayerX CEO福島良典氏からリスナーにコメントなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

音喜多議員が財政金融委員会でステーブルコインに関する質問を金融庁と麻生大臣へ、上海税関および中国人民銀行が国際貿易におけるブロックチェーンアライアンスを設立、電縁とHashHubが提携し、ブロックチェーンサービスの営業支援の協業を開始、ユニメディアが、ブロックチェーンを活用した物品貸し出し管理サービス「monotokne」を提供開始、LINEの仮想通貨取引所BITMAXが新規口座開設で1,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン開催、三菱UFJグループとLayerXが新たな金融プラットフォームProgmat(プログマ)の協業開発について

ブロックチェーンの社会実装に向け、Plasma(プラズマ)のフレームワークを開発する日本のトップエンジニア集団

世界から評価されている日本のブロックチェーンスタートアップ企業がある。それは福岡に拠点を置くCryptoeconomics Lab(クリプトエコノミクス・ラボ)という日本企業だ。彼らが主に研究開発しているのはPlasma(プラズマ)というブロックチェーン技術。 Plasmaとは、BitcoinやEthereumのブロックチェーンと同じガバナンス条件で、トランザクションをより速く処理するための高速化技術だ。この技術開発で日本をリードする彼らが何を目指し、なぜPlasmaの開発を続けているのか。

MUFGとLayerXが金融プラットフォームProgmatを協業開発、中国が仮想通貨のマイニング産業を廃止リストから撤廃、コインチェックが積立サービス開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

MUFGとLayerXが新たな金融プラットフォームProgmat(プログマ)を協業開発、中国が仮想通貨マイニング産業を廃止リストから撤廃、テックビューロHDとヘルスケアゲートがブロックチェーンを活用したオンライン医療ソリューション開発プロジェクトを始動、コインチェックが積み立てサービスを開始

竹田恒泰氏のエクスコイン社らが発表した156種類のステーブルコイン「xcoin」について考察

作家の竹田恒泰氏が代表取締役CEOを務める株式会社エクスコインと、外貨両替所を運営する株式会社エクスチェンジャーズが香港法人である Excgangers HK Limitedとともに、日本円を含む世界156種類の法定通貨に対応するステーブルコイン「xcoin(エクスコイン)」を発行することを12月11日の記者会見で発表した。

ブロックチェーンネイティブ時代の日本の若者は、世界を変えられる/渡辺創太インタビュー(3)

シリコンバレーにある世界有数のブロックチェーン企業Chronicled(クロニクルド)で社員として働き、帰国後は国内最大の20代によるブロックチェーンコミュニティでも活動している慶應義塾大学在学中の渡辺創太氏。そんな渡辺氏にこれからの日本のブロックチェーンと若い世代の可能性について語っていただいたインタビュー第3回(最終回)です。