人気の記事

楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス開始、Bakktがビットコイン先物取引9月23日ローンチ、Gaudiy経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーDに上野直彦氏などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

楽天ウォレットが仮想通貨現物取引サービス提供開始、Bakktがビットコイン先物取引を9月23日にローンチと発表、Gaudiyの経済設計顧問に坂井豊貴氏、ストーリーディレクターに上野直彦氏が就任、BTCボックスの代表者名と住所を使用して個人情報等を抜き出そうとする詐欺サイトにご注意

ビットフライヤーでTポイントをビットコインへ交換可能に、バイナンスがLibraに類似した「Venus」発表、Orbが九州電力へのコミュニティ通貨PF提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ビットフライヤーとTポイントが提携し、Tポイントからビットコインへの交換が可能に、Orbが九州電力へのコミュニティ通貨プラットフォーム提供、筑邦銀行が地域通貨「常若通貨」の提供開始、バイナンスがLibraに類似した新たなブロックチェーンプロジェクト「Venus」を発表、日本の有志NEMコミュニティが「NEMを使用した調査研究及び開発」企画コンペ開催

トークンエコノミーの価値を左右するインセンティブデザインとモチベーションコントロール

ブロックチェーンの本質は、トークンエコノミーの形成にある。インセンティブデザインとモチベーションコントロールを循環の設計に組み込むことで、より多くのステークホルダーがトークンエコノミーに参加するようになり、トークンの価値は最大化される。トークンエコノミーにおける価値の最大化の仕組みと、なぜ価値を最大化する必要があるかについて解説するコラム。

イベント情報「Web3 Summit 2019 Funkhaus Berlin」報告会 presents by #あたらしい経済 8月29日に開催決定

「Web3 Summit」はイーサリアムのFounderで現Parity TechのCTO Gavin Woodらが組織しているWeb3 Foundation主催のテクノロジーイベントです。当イベントは、2019年8月19〜21日にドイツ・ベルリンで開催されます。 Web3 Summitには、低レイヤーのプロトコル開発者、研究者、および分散型Webの最新情報に関心のある人々が集まります。今回は暗号通貨の父と言われているデイビット・ショーン(David Chaum)や、元CIA職員で映画にもなったエドワード・スノーデン(Edward Snowden)、Web3 Foundationのファウンダーのギャビン・ウッド(Gavin Wood)など、総勢30名以上の登壇者のセッションが開催されます(参考  https://web3summit.com/ ) 幻冬舎のブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)メディア「あたらしい経済」では、この「Web3 Summit」の報告会を、日本のブロックチェーン業界のキープレーヤーを多数ゲストに迎えて開催します。

「個」の価値が最大化できる未来。トークンエコノミーで蓄積されたKYCは、あなたが新しい経済を生き抜くポートフォリオになる

「ゼロから分かるトークンエコノミー ブロックチェーンは社会をどう変えるのか?」連載最終回。個の特性を活かした暮らしを実現し得る画期的な経済の仕組みであるトークンエコノミー。個人情報や第三者機関を要さずに個人の信用を担保される世界とは? 既存のKYCとは異なる新しい社会的信用の形が創出されると、経済にどのような影響が生まれるのか?トークンエコノミーにおけるKYCと、「個」の価値について解説する。

エンジニアから学ぶ「ビットコインのブロックチェーンの概要」

ビットコインのブロックチェーンの概要について、比較的簡単に、例えば大学1年生くらいの人にもイメージ持ってもらえるように説明します。さて、日本では法律でビットコインは「仮想通貨」と定義されています。海外では「crypto currency」と呼ばれていて、直訳すると暗号通貨という言葉になります。

未来を逆算し、官と民、両者の目線で切り開くべき私たちの未来

モビリティとかアグリテックとか毎月テーマを決めて、それに関わる官僚と、スタートアップの経営者や弁護士と政策を議論しています。政策のオーナーとなるポリシーオーナーに各省のミレニアル世代の官僚を立てて。例えば、経産省の人がポリシーオーナーとなってモビリティの空飛ぶ車の議論をしたり。

ALISの未来とこれからのICOの可能性について/安昌浩CEOインタビュー(後編)

正直に言うと、ICOのルールが整って多くの企業ができるようになったとしても、大企業はこの技術を使いこなすのは相当難しいと思います。なぜなら、社内決裁を通すことが非常に難しいからです。そしてコミュニティのコントロールなども非常に難しい。よっぽどのことが無い限り大企業はリスクを回避してPoCからスタートという形になるかなと想像します。

佐藤航陽という人に迫る

未開の地に行くことが自分のモチベーションです。もしかしたら自分の考えていたことが全くの勘違いだったと証明される日が来るかもしれません。物質より情報が本質だった、宇宙そのものを作れてしまった、天井だと思っていたものが実は地面だった、あと時間は移動が出来てしまったとか、というようなことが分かるかもしれない。そういう瞬間が楽しいです。

BlockStreamがビットコインマイニング施設とマイニングプール立ち上げ、ロビンフッドがイギリスで金融仲介業免許取得、CBcloudがソフトバンクや佐川急便らから資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BlockStreamがビットコインのマイニング施設とマイニングプール立ち上げを発表、株式/仮想通貨投資のアプリ「ロビンフッド」がイギリスで金融仲介業免許を取得、CBcloudが、ソフトバンク、佐川急便、日本郵政キャピタル、シーアールイーの4社より12億円の資金調達、「キャプテン翼ZERO」グローバル版の事前登録受付が開始し、仮想通貨を配布するイベントも開催予定、イベント情報「Web3 Summit 2019 Funkhaus Berlin」報告会 presents by #あたらしい経済 8月29日に開催決定

ブロックチェーンのポイントは分散型であるということで、誰にも支配されていないということ。本田圭佑のブロックチェーン・ファンドが始動〜「ADVERTISINGWEEK ASIA」本田圭佑氏/大日方祐介氏基調講演レポート

本田氏は「たぶんすごく多くのの人がブロックチェーンとか仮想通貨を誤解していて、言葉を選ばず言えば、金を稼ぎたい人たちがどんどん参入してきて訳のわからないトークンを発行してということが溢れてしまって誤解が広がっている。でもベースになっているビットコインやイーサリアムの思想は、もちろん技術もこれからだし、ベイビーのフェイズだけど本当に未来なんですよ」と思いを語った。