ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

STU48のNFT販売、国内初クレジットカード決済のNFTオークション実施

ブロックチェーンゲーム・NFTサービス開発のCryptoGames(クリプトゲームス)株式会社が、同社運営の「NFT Studio」にてAKB48姉妹グループであるSTU48初となるNFTコンテンツを販売開始することを8月2日発表した。 なおこのNFT販売は株式会社STUと株式会社博報堂DYメディアパートナーズと共同で行われるとのこと

バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)がドイツ、イタリア、オランダの3か国において、先物・デリバティブ商品の提供を終了する予定であることを7月30日発表した。またバイナンスの公式Twitterによると3か国での対応以降、欧州地域でも同サービスの提供を終了するとしている

【7/30の話題】FabricVenturesのWeb3ファンドが120億円調達、バンクオブアメリカらパクソスに投資参加など(音声ニュース)

Fabric VenturesのWeb3.0特化ファンド、欧州投資基金らから約120億円調達、バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加、ペイパルCEO、暗号資産関連技術へ継続的に強い関心示す、大手資産運用企業ステート・ストリート、暗号資産のファンド管理サービス発表、草間彌生のNFTが中国オークションハウスで15.5億円で落札、米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場、アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行、イギリスで食品エコシステムのデジタル化目指すコンソーシアム「SecQuAL」発足、コインチェックがIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」販売結果発表、申込金額244億円突破

Sponsored

バンクオブアメリカ、コインベース、FTXがパクソスに投資参加

暗号資産(仮想通貨)取引インフラやカストディサービスを提供するPaxos(パクソス)が約330億円(3億ドル)を調達したシリーズDラウンドにバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)コインベース・ベンチャーズ(Coinbase Ventures)ファウンダーズ・ファンド(Founders Fund)暗号資産デリバティブ取引所FTXが新たに参加したことを7月29日に発表した。

米クラーケンにBadger DAO(BADGER)、Cartesi(CTSI)、Loopring(LRC)、Wrapped Bitcoin(WBTC)上場

米サンフランシスコ拠点の暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産バッジャーダオ:Badger DAO(バッジャー:BADGER)、カルテシ:Cartesi(CTSI)、ループリング:Loopring(LRC)、ラップドビットコイン:Wrapped Bitcoin(WBTC)の4銘柄の上場を7月29日発表した。

アビスパ福岡、FiNANCiEでクラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、国内プロサッカーJ1リーグ所属のチームであるアビスパ福岡のクラブトークンの発行と販売の開始が7月30日発表された。なおJ1クラブチームのトークン発行は今年1月の湘南ベルマーレの事例に続き2例目となる

【7/29の話題】コインチェック「パレットトークン」取扱い開始、「Secured Finance」約4.4億円調達など(音声ニュース)

コインチェック、日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始。一時10倍以上の価格高騰、【取材】日本発DeFiプラットフォーム「Secured Finance」、Protocol Labsらから約4.4億円調達(CEO 菊池将和)、リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピン向けに、国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表、米国連邦保安局、アンカレッジをカストディパートナーに任命、JPYCにJVCEA前会長の三根公博氏ら参画、LIFULLが宅建業者向けにSTO、不動産クラウドファンディング実施をサポート、コカ・コーラ、NFTコレクション発表、ダラス交響楽団、オーケストラのNFT販売、ASローマ、ユニフォームにブロックチェーンプロジェクト「DigitalBits」、ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

Sponsored

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピン向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。

【7/28の話題】マスターカードがBCスタートアップ支援、Huobiが中国での事業解散へなど(音声ニュース)

マスターカード、ブロックチェーンスタートアップ支援プログラム発表、暗号資産取引所Huobi、中国での事業解散へ、バイナンスが出金限度額の引き下げ発表、一日あたり0.06BTCに、バイナンス、税務報告用ツール提供へ、米デジタル資産カストディFireblocks、約340億円の資金調達、DeFiレンディングAave、機関投資家向けサービスをリブランド、米議員、公聴会で中央銀行デジタル通貨(CBDC)について期待とリスクを議論、米マイニング企業ストロングホールドがIPO申請、鎌倉インテルがFiNANCiEでクラブトークン発行、フラクトン、Web3.0特化型インキュベーションプログラム開催へ

Sponsored