#NFT

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズジャパンが、IGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かった

NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)が、米メジャーリーグベースボール(MLB)及び米メジャーリーグベースボールプレーヤーズ(MLB Players)と提携したことが5月12日分かった。なおソーレアがサッカー以外のスポーツリーグと提携するのは初となるようだ。

エンタメDAO「SUPER SAPIENSS」の共創コミュニティとは?(月刊フィナンシェ 2022年5月号)

2022年5月号は、エンタメDAO「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」から、ボードメンバーの成瀬拓也氏と株式会社フィナンシェのマーケティング・コミュニティマネジメント担当の大西一敏氏をゲストにお迎えし、「FiNANCiE」最新新情報や、「FiNANCiE」のサービスについて、そして「SUPER SAPIENSS」について語っていただきました

Sponsored

OpenSea、NFTアグリゲータ「Gem」を買収

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、NFTアグリゲーターのジェム(Gem)を買収したことが4月25日に分かった。ジェムは複数の主要なマーケットプレイスで出品されているNFTを、同社プラットフォームを通じて最適な価格で売買できるサービスを提供している。なお今回の買収額は明らかになっていない。

あなたはメタバースで本当に土地やアイテムを所有できる? 法律専門家がNFTとプラットフォームのリスクを解説

2021年にある投資会社が2000ヤードの不動産を約400万ドルで購入した。普通なら話題にならないが、それはバーチャル上の土地だったため注目された。それはサンドボックス(The Sandbox)と呼ばれるメタバース・プラットフォームにのみ存在する土地だ。イーサリアムのブロックチェーン上で792個のNFTを購入することで、その投資会社は1,200個の都市区画に相当する土地を所有することになった。