マジックエデン、コインベースのイーサL2「Base」に対応

Magic EdenがBaseに対応

NFTマーケットプレイスのマジックエデン(Magic Eden)が、米コインベース(Coinbase)独自開発のL2ブロックチェーン「ベース(Base)」に対応したマーケットプレイスを4月26日ローンチした。

「ベース」は、「オプティミズム(Optimism)」の技術に基づいたブロックチェーン開発用ソフトウェア「OPスタック(OP Stack)」を用いて構築されたイーサリアム(Ethereum)のL2ネットワーク。ネットワークトークンの発行予定は無く、ガス代(トランザクションフィー)としてはブリッジしたETHを使用する。

今回の対応によりマジックエデンでは、「ベース」でミント(鋳造/発行)されたNFTがリストされ、ユーザーは「ベース」上のNFTコレクションを売買できるようになった。

なおマジックエデンのクロスチェーンセルフカストディウォレット「マジックエデンウォレット(Magic Eden Wallet)」も「ベース」に対応し、同ウォレットでも「ベース」上のNFTコレクションを売買できるとのこと。

また「ベース」は、マジックエデン提供のクロスチェーン報酬プログラム「マジックエデンリワード(Magic Eden Rewards)の対象となっており、「ベース」NFTのコレクターやトレーダー、クリエイターには同プログラム内で設計された報酬「ダイヤモンド」が還元される。

ちなみに「ベース」の他にも、マジックエデンの基盤ブロックチェーンである「ソラナ(Solana)」や「イーサリアム(Ethereum)」、「ビットコイン(Bitcoin)」、「ポリゴン(Polygon)」でも「ダイヤモンド」は与えられるが、「ダイヤモンド」の具体的な用途については明かされていない。

なおマジックエデンは今回の「ベース」対応により5つのネットワークにマルチチェーン展開することになった。今回の「ベース」の他、ソラナ(Solana)、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、オーディナルズ(Ordinals)に対応している。

またマジックエデンでは今月21日より、ビットコイン(BTC)ネットワークのトークン規格「ルーンズ(Runes)」のミームコインを購入・リスト・表示できる機能も追加されている。

関連ニュース

images:iStocks/olegback

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored