Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始

Magic EdenがRunesサポート開始

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、ビットコイン(BTC)ネットワークのトークン規格「ルーンズ(Runes)」のミームコインをサポート開始したことを4月21日発表した。

発表によると「マジックエデン」では、「ルーンズ」トークンを購入・リスト・表示ができるようになったとのこと。また購入タブでは、ユーザーが購入したい「ルーンズ」トークンのロットサイズと価格を自由に選択できるという。

さらに近々追加されるスワップビュー機能では、「ルーンズ」規格のトークンの購入時に使用したいBTCの量をユーザー自身で設定可能になるとのこと。

NFTマーケットプレイスの他にも「ルーンズ」のサポートを発表している暗号資産(仮想通貨)取引所がいくつかあり、既にオーケーエックス(OKX)やゲートアイオー(Gate.io)などの暗号資産取引所では、「ルーンズ」規格のトークンを上場させている。

ルーンズとは

「ルーンズ」は、昨年9月にビットコインネットワークのトークンプロトコル「ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)」の開発者ケイシー・ロダーマー(Casey Rodarmor)氏が提案した新しいビットコインネットワーク上でのトークン規格だ。

同規格は「オーディナルズ」を利用した「BRC-20」に代わる新たな規格で、「BRC-20」の抱える問題を軽減している。「BRC-20」にはその仕組み上、ビットコインネットワーク上に「UTXO(Unspent Transaction Output)」の数を大きく増やしてしまう問題が存在する。UTXOは未使用のトランザクション残高のことで、ビットコインネットワークでは口座のようなアカウントごとの残高データを管理せずUTXOの集計によって残高を算出する。

「ルーンズ」は「UTXO」の利用を前提に作成されたプロトコルであるため、「UTXO」の数を不用意に増やすことなく、ビットコインネットワークのデータベース圧迫を軽減、ガス効率の軽減も実現しているとのことだ。

関連ニュース

images:iStocks/Nature

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資