セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択

セロがイーサL2移行に「OPスタック」を選択

「セロ(Celo)」の開発会社シーラボ(cLabs)が、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ネットワークへの移行にあたり、「OPスタック(OP Stack)」を採用することを、同プロジェクトのガバナンスへ4月22日提案した。

「OPスタック」は、イーサL2「OPメインネット(OP Mainnet)」開発元のOPラボ(OP Labs)が提供するブロックチェーン開発キット。「OPスタック」を用いることで、「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」を採用した独自のレイヤー2ブロックチェーンを立ち上げられる。

「セロ」は、パブリックチェーンを用いた金融包摂の実現を目指したプロジェクト。モバイル金融アプリの提供やネイティブトークンの「celo(SELO)」の他、「Celo Dollar(CUSD)」や「Celo Euro(CEUR)」、「Celo Brazilian Real(CREAL)」などのステーブルコインを発行している。

「セロ」のコミュニティでは昨年7月、現状同プロジェクトが稼働するEVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換のレイヤー1ブロックチェーンからイーサリアムL2へ移行する計画が承認されていた。

それ以降「セロ」コミュニティでは「OPスタック」の他、ポリゴンCDK(Polygon CDK)やアービトラムオービット(Arbitrum Orbit)、ZKスタック(ZK Stack)といったL2開発キットを評価・テストを行っていたという。

シーラボは今回「OPスタック」を採用した理由として、「セロコミュニティのニーズを損なうことなく、L2を展開するための明確な道筋ができる」としており、OPラボの「スーパーチェーン」構想や「OPスタック」チェーンのファイナリティや低ガス料金、ガス料金としてERC20トークンが選定出来ることを優位性としてあげている。

なお「スーパーチェーン」構想は、「OPスタック」を採用したブロックチェーンをシームレスに接続し、イーサリアムのエコシステムにおける拡張性と相互運用性の強化を目指すもの。「OPメインネット」をはじめ、大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)のベース(Base)やゾラ(Zora)が「スーパーチェーン」の一部であり、ワールドコイン(Worldcoin)も今夏に「OPスタック」により「ワールドチェーン(World Chain)」を構築し、「スーパーチェーン」に参加することを先日4月18日に表明している。

シーラボは、「セロ」のエコシステムの成功にはネットワーク効果が不可欠としており、今回人気が高まっている技術標準に準拠することは「セロ」にとってポジティブであると考えているようだ。

発表によると「OPスタック」による「セロ」のイーサ L2(CEL2と呼称)は、早ければ今年の夏頃にテストネットローンチするとのこと。それまでに再度コミュニティからの承認は得る必要がある。

関連ニュース

参考:セロフォーラム
images:iStock/Mertsaloff

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資