竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る   

かつてエルトン・ジョン(Elton John)、ビヨンセ(Beyonce)、ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)のマネージャーを勤めたメルク・メルキュリアディス(Merck Mercuriadis)氏は、ミュージシャンの才能を見抜く目とトレンドを見極めることに長けている。

南米最大のEC企業メルカドリブレ、ブラジルで暗号資産取引サービス提供開始へ

南米最大のECサイトを運営するアルゼンチンのメルカドリブレ(Mercado Libre)。そのフィンテック部門メルカド・パゴ(Mercad pago)が、数百万人のブラジル人を対象に暗号資産を購入・保有・売却できるサービスを今月中に開始することを12月2日に発表した。メルカドリブレの決算資料によれば、同社の2021年3Qの流通取引総額は約8,300億円で、アクティブユーザーは約7800万人となっている。

ブロックチェーンセキュリティ企業サーティック(CertiK)、約83億円調達しユニコーンに

ブロックチェーンセキュリティ企業のサーティック(CertiK)が、シリーズB2ラウンドで約83億円(8,000万ドル)の資金調達を完了したことが12月1日に分かった。サーティックは、ブロックチェーン関連のモニタリングツール「Skynet」や分析ツール「Security Leaderboard」などのプロダクトを提供しており、企業のセキュリティ監査のサポートを行なっている。

ジャックドーシーがCEO辞任、ツイッターのビットコインやブロックチェーンへの取り組みどうなる?

ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、ツイッター(Twitter)社の者最高経営責任者(CEO)を辞任したことが11月29日に分かった。なおドーシー氏は決済企業スクエア(Square)のCEOも務めており、かねてから投資家らからドーシー氏がツイッター社の経営に集中できていないという批判もあり、株価も低迷している状況があった。

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

音楽NFTマーケットプレイス、プラットフォームを提供するロイヤル(Royal)が、シリーズAラウンドで約63億円(5500万ドル)の資金調達を行なったことが11月22日に分かった。ロイヤルは今年の夏にDJ 3LAUの名で知られるジャスティン・ブラウ(Justin Blau)氏とJD Ross氏が共同で創業した企業だ。