ウォレットツール開発Webcacyが500万ドル調達、gmjpやMiraiseなどから

WebcacyがgmjpやMiraiseなどから500万ドル調達

ウォレットツール開発企業ウェブキャシー(Webcacy)が、500万ドル(約6.6億円)の資金調達を行ったことを2月7日に発表した。

ウェブキャシーは秘密鍵やシードフレーズを必要としない、安全で簡単なセルフカストディを可能にするためのツールを開発している。具体的にはバックアップウォレット作成やウォレット通知機能などのツールが含まれていると言う。

このラウンドに参加したのは、gmjp、Gary Vaynerchuk&AJ Vaynerchuk、Mozilla Ventures、Soma Capital、Quantstamp、CEAS Investments、Dreamers、Miraise、DG Daiwa Venturesなどだ。

なおウェブキャシーの創業者兼CEOは五十川舞香(いそがわまいか)氏だ。同氏はマイクロソフト(Microsoft)退社後、2021年8月にウェブキャシーを創業した。

なおMSでのキャリアの前にはスタンフォーフォード大を休学し、2年間シルク・ドゥ・ソレイユでパフォーマーをしていた経歴も持っている。

リリースで、Webcasyの五十川舞香氏は「私たちはソフトウェアとハードウェアのソリューション(Webcasyのスマートコントラクト保護+ハードウェアウォレット)の強力な組み合わせが、安全性のための最高のスターターキットであると信じています。ハードウェアウォレットだけでは不十分で、それを使う人間が弱者であることに変わりはありません。Webacyはその重要なソフトウェアコンポーネントなのです」と伝えている。

関連ニュース

参考:Webcacy
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ