SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始

SBI VCトレードら、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するSBIグループのSBI VCトレードが、日本円だけでオンチェーンNFTの売買が可能な「SBI Web3ウォレット」を1月25日より提供開始した。

「SBI Web3ウォレット」はSBI VCトレードがSBI NFTとGincoと共同で開発したウォレット。パブリックチェーン上でのNFT事業展開において、事業者及びユーザーが暗号資産を持たなくとも、オンチェーンでNFTの売買が可能となるサービスだ。同社によると、このような仕組みのウォレットサービスは日本初だという。

このウォレットは、自動円転機能と自動暗号資産調達機能を搭載している。これにより、日本円だけで取引しているような使いやすさと管理のしやすさを実現している。

またこのウォレットは、まずはポリゴンネットワーク(MATIC)に対応。そして今後は、マルチチェーン対応や、NFT活用のブロックチェーンゲームやNFTマーケットプレイスなどdAppsの拡大を進めていくという。

「SBI Web3ウォレット」の機能は次の3つだ。

(1)安全なウォレット機能
SBI VCトレードがユーザーのウォレットを作成、安全に管理
・NFT取引はパブリックチェーン上に全て記録、取引情報の透明性を担保
(2)自動円転機能(暗号資産⇔日本円)、自動暗号資産調達機能
・ユーザーの暗号資産⇔円の交換を自動執行
・ユーザーはSBI VCトレード口座内の暗号資産及び日本円でのNFT売買が可能
(3)dApps(分散型アプリケーション)との接続機能
・ゲームやマーケットプレイスなどのdAppsと接続・利用が可能に
・接続dAppsは今後追加予定(現在はSBINFT Marketのみで利用可能)

このサービスへの申し込みは、SBI VCトレードの口座を持っていない場合は、新規口座開設の際に同時開設が可能だ。そして口座を持っている場合はマイページから申し込みできる。

SBI VCトレードは、今後の「SBI Web3ウォレット」を活用したサービス展開における特許をSBINFTと共同で出願中とのことだ。

SBIホールディングスは2021年9月にNFTマーケットプレイス「nanakusa」運営の株式会社スマートアプリ(現SBI NFT)を連結子会社化し、NFT市場へ参入した。昨年3月にはNFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングし「SBINFT Market」をリリースした。「SBI NFT Market」はNFTの発行・販売・二次流通機能を備えたNFTマーケットプレイスであり、イーサリアム(ethereum)及びポリゴン(Polygon)のブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

SBI VCトレード・ビットポイント・ビットフライヤー、「Flare Networks(FLR)」取扱いと付与を1月に決定

【取材】SBI VCトレード、自動円転機能搭載web3ウォレット提供へ、日本円でオンチェーンNFT売買可能に、ポリゴン(MATIC)対応

国内初、SBI VCトレードでポリゴン(MATIC)ネイティブトークン上場、アバランチ(AVAX)も SBI VCトレードで、カルダノ(ADA)、ドージコイン(DOGE)、ステラルーメン(XLM)、テゾス(XTZ)、ソラナ(SOL)上場へ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

SBI VCトレード(旧TAOTAO)、暗号資産積立サービス開始

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored