一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。

Matter Labsが約280億円調達、「zkSync2.0」オープンソース化へ

ゼロ知識証明を活用したイーサリアムのレイヤー2技術「zkSync(ジーケーシンク)」を開発する「マター・ラボ(Matter Labs)」が、シリーズCラウンドで約280億円(2億ドル)の資金調達実施を11月16日に発表した。これにより同社が過去に行った資金調達を含めた合計調達額は約641億円(4億5,800万ドル)となったとのこと。

MakerDAO、コインベースのカストディで約2380億円を運用へ

ステーブルコイン「DAI」を発行するDeFi(分散型金融)プロジェクト「MakerDAO」が、暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)提供の機関投資家向けカストディサービス「Coinbase Prime(コインベースプライム)」を通じて、16億ドル(約2,380億円)を運用することがおおむね決定する予定だ。

バイナンスがビットコインマイニング業界を支援、5億ドルの融資プロジェクト開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、「マイナーレンディングプロジェクト(Miner Lending Project)」を開始したことを10月14日に発表した。同取引所運営のマイニングプールサービス「バイナンスプール(Binance Pool)」が、ビットコイン(BTC)のマイニング業界をサポートする為の融資プロジェクトとなっている。