トロン創設者ジャスティン・サン、ドイツ政府機関保有のビットコイン約3700億円分を購入表明

ジャスティン・サンがドイツ政府保有のBTC全てを購入か

中国の暗号資産(仮想通貨)関連の起業家で、トロンブロックチェーン(TRON Blockchain)の創設者であるジャスティン・サン(Justin Sun)氏が、ドイツ連邦刑事警察庁(BKA) 保有のビットコイン(BTC)約3,700億円相当をOTC(店頭)にて購入する意向を7月4日表明した。

BKAは今年1月に、ドイツの海賊版ポータルサイト運営会社の責任者2名から約5万BTCを押収。その後BKAは、押収した約5万BTCを6月下旬から複数回に分けて暗号資産取引所で売却している。

なお売却の影響を受けてかビットコインの価格は乱高下しており、6月25日には5月初旬以来初めて一時6万ドルを割る場面も見られた。

そしてBKAは今月2日に100BTCをコインベース(Coinbase)、150BTCをビットスタンプ(Bitstamp)、32.74BTCをクラーケン(Kraken)に送金し、139Poから始まる未特定のウォレットには550BTCを送金している。

またBKAは4日にも400BTCをコインベース、500BTCをビットスタンプ、400BTCをクラーケンに送金し、未特定の同ウォレットに1,700BTCを送金している。

そこでサン氏は「市場への影響を最小限に抑える為、全てのBTCを市場外で購入する為にドイツ政府と交渉するつもりです」とXにて表明した格好だ。

サン氏がこの投稿をした時点でBKA40,359BTC(約23億ドル:約3,700億円)を保有していたようだが、それから同ウォレットはBTCの出金や送金を繰り返しており、記事執筆時点(7/8 13:30)におけるBTC保有数は39,826BTC(約22億ドル:約3,500億円)となっている。

関連ニュース

参考:アーカム
image:iStocks/LongQuattro・eugenesergeev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored