独警察当局がオンライン海賊版グループ関連の約5万BTCを押収、同国では過去最大規模

換金については未定

ドイツの警察当局が、約5万BTCを押収したと1月30日発表した。

ビットコインの価格は記事執筆時点(2024年1月31日11:15 コインマーケットキャップ調べ)で約42,791ドル(約632万円)であるため、押収されたビットコインは約21億ドル(約3160億円)になる。

発表によれば、今回のビットコイン(BTC)の押収額は、ドイツの法執行当局によるものでは最大規模のものだという。

今年1月中旬にドレスデン検事総長室、ザクセン州刑事警察、ライプツィヒ第二税務署の税務調査部門がザクセン州統合調査ユニット(INES)として行った調査で、当該ビットコインは確保されたという。

捜査は連邦刑事警察庁(BKA)、FBI、ミュンヘンのフォレンジックIT専門会社の協力の下行われたとのこと。

当該のビットコインは、2013年5月末まで運営されていたドイツの海賊版ポータルサイト運営会社の責任者2名から押収された。彼らは、同サイトから得た収益でビットコインを購入していたという。

なお2人は現在、著作物の商業的無許可利用と商業的マネーロンダリングの疑いで捜査されている最中だ。

また当該のビットコインは、被告が政府のウォレットに送金する形で押収されており、換金に関する最終決定はまだなされていないという。

関連ニュース

参考:ドイツ当局
images:iStock/jirawut-seepukdee

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored