あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる

BMWやホンダらのMOBIが自動車業界標準規格発表、ビットバンクにクアンタム上場、コインベースがバイソン・トレイズ買収などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表、コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイズを買収、「住民票をブロックチェーンで管理、スマホで取得から認証まで」chaintopeが福岡県飯塚市と行政文書デジタル化社会実験開始、バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施、スイス証券取引所(SIX)に英コインシェアーズ(CoinShares)提供のビットコインETP、BITCが上場へ、デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結、ビットバンクが暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを1月27日に開始

デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結

デジタル資産のトレードプラットフォームを提供するINX社が、デジタル証券のセカンダリープラットフォームを提供するオープンファイナンス・セキュリティーズ(Openfinance Securities)社の買収に向けた確定契約が締結されたことを1月19日に発表した。

コインチェックがEnjin Coin取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引BC開発、JCBがBC活用のIoT向け決済実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引を最適化する独自ブロックチェーン開発、JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始、バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名、暗号資産アセマネ企業グレイスケール・インベストメントの第4四半期の調達額が約3,433億円(約33億ドル)

【初心者向け】投資前に知っておくべき仮想通貨取引所のセキュリティとは?

幻冬舎「あたらしい経済」と「CoinPost」が提携し、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)業界のニュース解説や初心者向けに学べるトピックスを紹介するYouTube番組「#CONNECT」。 今回のテーマは「仮想通貨取引所のセキュリティ」についてです。 日本の取引所が何故ハッキングの対象になったのか?過去と現在の取引所のセキュリティの違いや、取引所におけるセキュリティの見分け方など、初心者が投資前に知っておくべき仮想通貨取引所のセキュリティについて徹底解説しています!

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。

アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アニモカブランズ(Animoca Brands)が大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の開発したバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップを締結したことを1月13日発表した

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界を牽引する35人の「2021年の展望」

今回は年始の特別企画として、ブロックチェーン・暗号資産業界を牽引する皆様に「2021年の展望」を寄稿いただきました。これからも「あたらしい経済」は日本のブロックチェーン・暗号資産業界を、業界内の皆様と一緒に盛り上げていけるようにメディア運営をしていきたいと思っております