あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

【6/16の話題】Adam byGMOが8月提供開始、WWW考案者がソースコードのNFT販売など(音声ニュース)

新会社「GMOアダム株式会社」の設立、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」は8月に提供開始、坂本龍一氏、村上龍氏、原田マハ氏、西野亮廣氏もNFT参入、Adam byGMOで、WWW考案者ティム・バーナーズ=リー、サザビーズにてソースコードをNFT販売、デジタル銀行シグナム、Aave、UniswapなどDeFiトークンのサービス提供開始、バーバリーがNFT参入、ゲーム「Blankos Block Party」内で販売、分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達、ポルシェ関連会社、NFTマーケットプレイスをローンチ、Chiliz(CHZ)、ShibaInu(SHIB)、Keep Network(KEEP)、コインベースプロに上場、クラーケンにSolana(SOL)とSerum(SRM)が上場、MCH、クリプトゲームスらから資金調達、NFTサッカーゲームSorare、フランス代表の選手カード発行

【取材】国内NFTマーケット「Adam byGMO」会見、西野亮廣氏、まふまふ氏、武尊氏らも参加

GMOインターネットグループが今年8月に提供予定のNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」に関する会見を6月16日に開催した。 その会見で、GMOフィナンシャルホールディングス、GMOインターネット、サムライパートナーズの共同出資の新会社新会社、GMOアダム株式会社の設立も発表された。同社の代表取締役は、熊谷正寿氏と高島秀行氏が務める。このGMOアダムによってNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」運営が行われるとのことだ。

ビットコインは、もう戻れないところまできた(ビットフライヤーブロックチェーン 加納裕三氏 1/5)

雑誌「GOETHE」 が暗号資産やブロックチェーン業界のキーパーソンを取材する連載「暗号資産は世界をどう変えるか?」と「CONNECTV」とのコラボ企画。今回はビットフライヤーブロックチェーン代表取締役の加納裕三氏のインタビュー動画を公開(第1回/全5回)。

【6/15の話題】SMBC、SBI、野村、BOOSTRYがセキュリティトークンNW、CABEIがエルサルバドル支援など(音声ニュース)

SMBC、SBI、野村、BOOSTRYがセキュリティトークンネットワーク稼働発表、中米経済統合銀行がエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を支援、技術チームも発足、ゴールドマンサックス、イーサリアムオプション・先物取引を計画か、レアル・マドリードのNFT、今夏Flow上で取引可能に、マイクロストラテジー、BTC追加購入を目的に10億ドルの株式発行へ、ポルカドット(DOT)、コインベースプロに上場、コインチェックとCyberZ、NFT事業での協業を開始、ビットポイント、トロンとリップルのレバレッジ取引開始、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」、MediBangと業務提携、アリババのアントチェーンが欧州サッカー連盟と協定締結、ブロックチェーントロフィーも、ナイジェリア中央銀行、2021年中にCBDC発行か

Web3.0とは何か?(なぜ社会はWeb3.0に移行していくべきなのか? 1/5)

「あたらしい経済」と、Fracton Venturesの共催イベント「進化するインターネット”Web3.0”」の第1回「なぜ社会はWeb3.0に移行していくべきなのか?」をCONNECTVで配信開始いたします。 今回のテーマは「Web3.0とは何か?」です。全5回のシリーズになっておりますので、今後公開される動画と合わせてぜひご覧ください。

【6/14の話題】ステイクとDJT提携、立民と国民がネット投票推進法案提出など(音声ニュース)

ステイクとダブルジャンプ、パートナーシップ締結、【取材】立民と国民、ブロックチェーン活用ネット投票推進法案を衆議院提出、中国デジタル通貨研究所の所長、ウォレット機能の詳細に言及、タイSECがミームコインやファントークン、NFTを規制、0xとポリゴンが提携、100万人ユーザー獲得に向け、バイナンスにTornado Cash (TORN)が上場、ダッパーラボ、フロウの米ドルステーブルコイン「FUSD」発表、Facebookメッセンジャー、QRコードでの個人間送金機能を米国で追加、インド暗号資産取引所ワジールX、外国為替管理法の違反疑い

【6/11の話題】バイナンスで米ドル入出金が停止、Perfume初のNFTアートなど(音声ニュース)

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か、Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売、【取材】ステイクが11億円調達、Fenbushi Capital、East Ventures、Gumi Cryptosらから(CEO渡辺創太)、gumi創業者の國光氏退任、ブロックチェーンとVRに注力か、エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念、銀行の暗号資産保有に厳しい提案、バーゼル銀行監督委員会、米ステート・ストリート、デジタルアセット部門を立ち上げ、バイナンスにGitcoin(GTC)が上場、米コインベースとForUsALL、暗号資産利用の確定拠出年金プラットフォーム発表、BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達、フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

【6/10の話題】ソラナがa16zらから資金調達、ユニセフがBC企業3社へ投資など(音声ニュース)

ソラナ、a16zやPolychainらから約343億円調達、ユニセフ、ブロックチェーンスタートアップ3社へ30万ドル投資、ウィンクルボス兄弟のジェミナイ、暗号資産カストディShard X買収、米国銀行協会、CBDCに疑問を呈する証言書提出、コンコーディウム、メインネットと「GTU」のローンチを発表、人気ロックバンド「UVERworld」ボーカルTAKUYA∞がNFTフォトアート、パリス・ヒルトン、投資家およびアドバイザーとしてオリジンに参加、IBMとスペイン海産大手、海産物のトレーサビリティを保証、コインチェックNFT、SKE48のデジタルトレカ取扱いへ、日本人初のNHLフォワード選手を目指す三浦優希選手、FiNANCiEでトークン発行

重要性と現ビットコイン市場の状況は? CONNECTV生放送番組アーカイブ(6/10)

今回の「CONNECTV生放送番組アーカイブ」は6月10日にお送りしたテーマ「重要性と現ビットコイン市場の状況は?」について生放送した際のアーカイブです。 こちらの「仮想通貨相場・ニュース解説 生放送番組アーカイブ」ではTAOTAOのクリプトアナリストである仮想NISHI氏とコインポスト代表の各務貴仁が仮想通貨の相場急変時や重要ニュース発表時に生放送を実施した内容となっています

【6/9の話題】エルサルバドルでBTC法案可決、スクエニとDJTがLINEBCでNFTなど(音声ニュース)

エルサルバドルが世界で初めてビットコインを法定通貨に、法案可決、スクエニとダブルジャンプ、LINE Blockchain上でNFTデジタルシールを提供へ、LINE、NFTマーケットを提供予定、Amazon、ブロックチェーンプロダクトの責任者を求人、バフェット氏のバークシャ・ハサウェイ、ブラジルのデジタルバンク「Nubank」へ約550億円出資、米BlockFi、約500億円の資金調達を実施か、香港金融管理局、中銀デジタル通貨の方針を発表、ポルカドット実験用ネットワークのクサマ、パラチェーンオークションの日程発表、暗号資産ステーキング・ノード管理のブロックデーモン、GSらから約30億円調達、米国税務当局(IRS)、暗号資産の税務取締り強化のため予算拡大か、COVID証明書ネットワーク、リナックス・ファウンデーションが発表、Gitcoin(GTC)、Enzyme Token(MLN)、Amp(AMP)、コインベースプロに上場へ、MOBI、車両販売の資金調達効率化のための規格発表、パチンコメーカーSammy、NFTマーケットを今夏リリースへ、コインチェック、紀里谷和明監督とNFT事業において連携開始、LayerXとxID、茨城県立並木中等教育学校の生徒会選挙のインターネット投票導入をサポート

【6/8の話題】中国工業情報化省がBC推進提案、トランプ前大統領BTC批判など(音声ニュース)

中国工業情報化省、ブロックチェーンを推進する提案公表、トランプ前大統領、ビットコインを「スキャムのようだ」と批判、Binance NFTが100名のアーティスト選出、日本からVRアーティストせきぐちあいみ氏、Apple、iPhoneとMacに新しいデジタルキー・ウォレット機能追加を発表、石油パイプライン攻撃の「身代金ビットコイン」、米捜査当局押収、マイクロストラテジー、ビットコイン購入を目的に4億ドル分の私募債を発行

【6/7の話題】G7ステーブルコイン見解、エルサルバドルがBTC採用かなど(音声ニュース)

先進国首脳会議G7、ステーブルコインへの見解を示す、中央アメリカの小国エルサルバドル、ビットコインを法定通貨として採用か、米テキサス州知事、ブロックチェーン・暗号資産の発展のため法的枠組みを構築へ、米スクエア、太陽光発電を利用したマイニング施設建設へ、ソラナ(Solana)、約320億円から約490億円の範囲で資金調達中か、doublejump .tokyo、NFT管理Walletを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」の提供開始、DatachainのインターオペラビリティPJ「YUI」、HyperledgerLabsプロジェクトに、竹中鋼管が再エネ100%調達開始、アスエネのBC活用しCO2排出削減、JVCEAの第二種会員にCrypto Garage入会、Dev Protocol、オタクコイン協会戦略パートナーへ参画

【解説】世界初、ビットコインを国の通貨に?専門家に重要性を聞いた(ゲスト:bitFlyer Blockchain 代表取締役 加納裕三氏)

中央アメリカの小国エルサルバドルが世界の主権国家として初めて、米ドルと並んでビットコインを法定通貨として採用する法案の提出を目指していることが、同国の大統領であるナイブ・ブケレ氏が6月5日に発表した。 今回の動画では、株式会社bitFlyer Blockchain 代表取締役 加納裕三氏をゲストにお招きし、「今回の重要なポイントと衝撃を受けた内容」「世界各国でどのような議論が生まれてくるか」「想定される政府の対応」などについて解説をして頂いていた

ビットフライヤーが日米クロスボーダー取引、国際オリンピック委員会がNFT販売へなどのニュース解説ラジオ

ビットフライヤー、BTC/JPYペアでの日米クロスボーダー取引開始、国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow、FTXがNFTマーケットプレイスローンチへ、手数料は5%、トークン活用でカーボンニュートラルへ、暗号資産流動性プロバイダーGSR、ETH担保の米ドル融資商品提供へ、アンカレッジと米老舗銀行BnakProvが提携、バイナンスにNuCypher(NU)が上場、「デジタル通貨はロシアの金融システムの未来」露中銀総裁がCBDCについて言及、【取材】Concordium財団、日本向けメインネット・ローンチ・イベント「Concordium Genesis」を6月12日に開催(Japan lead 太田真)

グーグルが暗号資産広告の要件を明文化、欧州投資銀行レポート公開などのニュース解説ラジオ

グーグルが暗号資産関連の広告に関する要件を明文化、8月3日より要件満たせば掲載可能へ、英スタンダードチャータード銀行、欧州にて機関投資家向けの暗号資産取引所・保管サービス提供へ、欧州投資銀行がAI・ブロックチェーン企業への投資に関するレポート公開、米中とEUの差が明らかに、メキシコのサッカークラブ「クラブ・ネカクサ」、希薄化しても1%株式保有の権利を示すNFTを500ETHで販売、米SEC、ビットコインETF上場判断を延期、クラーケン、米国にて一般ユーザー向けアプリを提供開始、英国にて初のビットコインETP開始、Solana上にNFTマーケットプレイスを立ち上げ、メタプレックスファウンデーションが開発、ポルトガルのプロサッカークラブのUDオリヴェイレンセ、「FiNANCiE」でクラブトークン発行、米マイニング企業マラソン、ブロック生成時の取引検閲を取りやめ、マリリン・モンローの肖像画がNFT化、オークションにて販売開始、ノルウェー水産関連企業ノヴァ・シー、IBMのブロックチェーン技術で海産物を追跡

【解説】実は仮想通貨を保有していた国内上場企業は?

「仮想通貨の自動損益計算」や「投資SNS」サービスを提供する株式会社クリプタクトが昨日6月2日に「隠れ暗号資産銘柄に注意!」と題したレポートを公開した。 そのレポートには国内上場企業において暗号資産を保有するの7社について取り上げられている。 本日の解説動画では、こちらのレポートを基に保有企業についてなどを解説する

コインベースカードがApplePayとGooglePayで、komgoの資金調達などのニュース解説ラジオ

コインベースのVisaデビットカード、Apple PayとGoogle Payで利用可能へ、ドージコイン(DOGE)、コインベースプロにて上場、「ビットコインは金よりも銅に似ている」ゴールドマンサックス ジェフ・カリー氏見解、貿易金融プラットフォーム「komgo」が約31.7億円の資金調達、三井住友銀行も参加、独ダイムラー、自社ブロックチェーンプラットフォームのライセンスをスタートアップに付与、暗号資産取引プラットフォームのヒーロー(Hxro)、トークンセールでヘッジファンドより約16億円調達、中国成都市の建築業界、出稼ぎ労働者の給与透明化にブロックチェーン活用、キャンディデジタル、米メジャーリーグ ルー・ゲーリッグ選手の言葉をNFT化し販売、クリプタクト、ふくおかフィナンシャルグループらから1億円の資金調達、FiNANCiEでプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」がクラブトークン発行、福岡県みやこ町商工会、ブロックチェーン活用のプレミアム付商品券「みやこっPay」発行へ

【解説】池田亮司氏のNFTがサザビーズでオークションへ、発行はスタートバーン

日本を代表するビジュアルアーティストで電子音楽作曲家である池田亮司氏のNFTアートが大手オークションハウスの米サザビーズにて(Sotheby’s)のNFTセールにて販売されることが発表された。またこのNFTは国内ブロックチェーン企業であるスタートバーンが提供するNFT「Startrail Registry Record(SRR)」として発行される。 本日の解説動画では、このニュースについてのポイントを解説する