あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【2/21話題】USDCのトロンサポート終了へ、楽天証券がセキュリティトークン市場参入など

大和証券が国内初の「全額電子マネー利払い」の証券トークン社債発行へ、楽天証券が市場参入、プログマ活用で、サークル「USDC」、トロンのネイティブサポート終了へ、英国、今後半年以内に「ステーブルコインとステーキング関連の新規制」導入目指す=報道、エドワード・スノーデン、「ビットコインは貨幣の誕生以来最も重要な通貨の進歩」と評価、チリーズ(CHZ)が韓国サッカーKリーグと提携、スポーツリーグ初のバリデータに、国内初、商業施設を投資対象にした不動産セキュリティトークンが発行完了、クオーラム基盤「ibet for Fin」で、アプトス財団、web3スマホ「JamboPhone」販売のジャンボと提携

【2/20話題】バイナンスにStarknet(STRK)上場へ、ヴィタリックが「AI」に注目など

バイナンスにイーサリアムL2「Starknet(STRK)」上場へ、ヴィタリックが「AI」に注目、イーサリアム最大の技術的リスク解消に貢献する可能性で、ワールドコインのデイリーユーザーが100万人に、Sora発表受け「WLD」高騰、英Revolut、上級トレーダー向けに独立型暗号資産取引所を立ち上げ予定=報道、TRONとHTXのジャスティン・サン、ビットコインL2へのロードマップ発表、通信大手テレフォニカがチェーンリンクと提携、SIMスワップ攻撃等に対するセキュリティ強化へ、エイプコインの独自チェーン「ApeChain」、Arbitrum Orbitで構築決定、暗号屋と九州電力グループのQTnet、web3インフラ事業の実証実験を開始

【2/19話題】LINE NEXTが「読んで稼ぐ」のReadONと提携、米検察当局がバイナンスを最長5年監視の量刑など

LINE NEXT、「Read to Earn」のReadONと提携、米検察当局、バイナンスを最長5年監視する量刑求める=報道、「BAYC」のユガラボ、「Moonbirds」運営のPROOF買収、ユニスワップ(UNI)の新プロトコル「Uniswap v4」、リリース目標はQ3に設定、経産省、投資事業有限責任組合(LPS)による暗号資産の取得・保有に関する法案を閣議決定、英投資管理会社ジュピター、21シェアーズ「Ripple XRP ETP(AXRP)」への投資中止、規制上の理由で=報道、ビットフライヤー、預かり総資産7000億円を突破、ビットフライヤーに「ダイ(DAI)」上場へ、コインベースの米国外取引所、ICP・DOT・NEARを無期限先物取引で取扱いへ、米コインベース、ビットコイン保有量が100万BTC突破、米シティがプライベートファンドのトークン化テスト成功、アバランチサブネット「Spruce」で、中米ホンジュラス共和国、金融機関の暗号資産取引を禁止、web3ヘルスケアアプリ「HEALTHREE」累計2.1億円調達、アスターに続きAstar zkEVM対応、企業向けサービス展開も

【2/16話題】フィンシア(FNSA)とクレイトン(KLAY)統合決定、コインベースが2年ぶりに黒字計上など

LINEらのフィンシア(FNSA)とカカオのクレイトン(KLAY)が統合決定、ユーザー基盤が2.5億超に、コインベース、堅調な取引で2年ぶりに黒字を計上=ロイター、人身売買に暗号資産の使用が増加、FinCEN報告、イーサリアム(ETH)のステーキング総量が約12.8兆円に、流通量25%がロックアップ、米財務省、ハマスのテロ資金調達に暗号資産はほぼ関与していないとの見立て、KlimaDAO JAPAN、「J-クレジット」対応のカーボンクレジットマーケットプレイスの4月実証へ、DEX「Sushi」が分散型デリバティブ取引所「Susa」立ち上げへ、Layer Nと提携で

【2/15話題】ビットコインの時価総額が1兆ドル回復、メルカリでBTC決済が可能になど

ビットコイン(BTC)、時価総額が1兆ドル回復。2年3ヶ月ぶり、メルカリでビットコイン(BTC)決済が可能に、メルコインが機能提供、イーサL2「StarkNet」、独自トークン「STRK」エアドロップを2/20に開始、ジェネシスが1950億円超の現物ビットコインETF「GBTC」売却へ、破産手続きの一環で、ソラナのミームコイン「Bonk(BONK)」が英Revolutに上場へ、学習キャンペーン実施で約1.8億円のBONK配布の計画も、欧州中央銀行(ECB)理事、デジタル・ユーロ・プロジェクトに「意欲的なペース」提唱=ロイター、L1ブロックチェーン「Sei」が開発者向けテストネットをv2にアップグレード、EVMをサポート、Magic Eden、「マジックエデンイーサリアムマーケットプレイス」を2/24公開へ、アーサーヘイズ、ポイントプログラムは暗号資産調達やユーザー獲得に有用と考察

【2/14話題】ロビンフッドの前Q4の暗号資産収益10%増、リップルが米Standard Custody買収へなど

米ロビンフッド、昨年4Qの暗号資産収益が10%増の約65億円と報告、リップル、機関向け暗号資産カストディ提供Standard Custodyを買収へ、暗号資産メディアThe BlockとマーケットメイカーWintermute、デジタル資産インデックス会社を新設、ソラナ(SOL)の時価総額が4位に浮上、BNBを抜き、ビットフライヤーに「エイプコイン(APE)」と「チリーズ(CHZ)」上場へ、SBI VCトレード、預かり総資産1000億円を突破、バイナンス前CEOの判決が4月下旬に延期、アプトスラボが認証システム「パスキー」導入、トランザクション署名時のパスワード不要に=報道、StarkNetのブロックチェーンエクスプローラー「Voyager」、STRKのエアドロップダッシュボード公開

【2/13話題】ピーターティールのVCが約300億円をビットコインとイーサに投資か、JPYCがユナイテッドから資金調達など

ピーターティールのFounders Fund、強気相場前に約300億円をビットコインとイーサリアムに投資か、日本円ステーブルコイン「JPYC」、J-KISSでユナイテッドから資金調達。累計額9.7億円に、米フランクリン・テンプルトンが「現物イーサリアムETF」申請、ソラナのweb3スマホ「Chapter2」が予約台数10万達成。第1弾の事前注文は14日終了、Polygon LabsがZK証明器「Type 1 Prover」発表、全EVMチェーン利用可能、半代替可能トークン規格「ERC404」登場、価格が急騰後に大きく急落

【2/9話題】デロイトトーマツがAstar zkEVM採用でNFTゲーム、Secured FinanceがポリゴンzkEVMでローンチなど

デロイトトーマツ、「Astar zkEVM」採用で野球テーマのNFTゲーム構築へ、DeFi債券市場「Secured Finance」がアービトラム・アバランチに続きポリゴンzkEVMでローンチ、マルチチェーン対応へ、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装目標日は3月13日、ビットフライヤー、ハッシュパレット「エルフトークン(ELF)」のIEO実施へ。国内5例目、クロスチェーンプロトコル「Wormhole」、独自トークン「W」のトークノミクス計画発表、バイナンスローンチプール、「Pixels(PIXEL)」取扱へ、ソラナのオラクルネットワーク「Pyth Network」、エアドロッププログラム第2フェーズ開始、クラーケン、オランダで暗号資産事業者の登録完了

【2/8話題】イーサリアム「Dencun」がHoleskyに実装完了で残すはメインネット、スケボー堀米悠斗選手が初NFTなど

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」がテストネット「Holesky」に実装完了、残すは本番実装、スケボー堀米悠斗選手が初NFT、「NEO TOKYO PUNKS」NIKO24とコラボしNFT販売へ。PBADAOが「8CH1」プロジェクト発表、コインチェック、組込型の暗号資産購入サービス「Coincheck OnRamp」提供へ、ジャックドーシー支援の分散型SNS「Bluesky」が一般公開、400万ユーザー突破、米SECが「ディーラー」再定義する規則を採択。DeFiや暗号資産への影響懸念の声も、韓国FSCが7月から消費者保護規則発行、暗号資産犯罪者に終身刑の罰則も、タイ財務省、暗号資産取引利益の付加価値税を免除、米SEC、インベスコ申請の「現物イーサリアムETF」の承認判断を延期、SBI子会社の英B2C2、ルクセンブルグで暗号資産事業者ライセンス取得、金融庁、全銀協会らへ「暗号資産交換業者への不正送金」の対策強化を要請、渡辺創太のスターテイル、秋元康のアイドルプロジェクトとweb3領域で提携。Astar zkEVMがPJに採択、EigenLayerがステーキング上限を引き上げ、TVLが急激に増加

【2/7話題】ソラナネットワークが5時間停止し再開、マイクロストラテジーがビットコイン追加購入など

ソラナネットワークが約5時間停止、現在は再開、イエレン米財務長官、「議会はステーブルコインを規制する権限を提供すべき」と発言、米マイクロストラテジー、約877億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数19万BTCに、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張を裏付ける文書について偽造を否定、バイナンスにモジュラーブロックチェーン「Dymension(DYM)」上場、メインネット公開にあわせ、コインベースにBase上の「Aerodrome Finance(AERO)」とOP上の「Velodrome Finance(VELO)」上場、メタマスク、「Robinhood Connect」統合で暗号資産の購入手段を追加、アークインベストのキャシーウッド、現物ビットコインETFで金からBTCへの移行進むと指摘、Doodlesがコラボ「G-Shock」の詳細発表、渋谷PARCOでポップアップ開催へ、ソラナモバイルの新web3スマホ「Chapter2」、予約注文数が6万台に、クリプトリエ、NFTマーケティングプラットフォーム「MintMonster」提供開始、SBI VCトレード、「Prime優遇プログラム」新設。月間1000万円以上の売買で翌月キャッシュバック、米国、ビットコインマイニングの電力消費量について緊急調査を開始=報道、再生不動産を小口購入可能な宿泊権NFTに、ライフルが「LIFULL STAY」開始

【2/6話題】韓国規制当局が米SEC委員長とビットコインETFで会談か、ビットコイン支持派のエルサルバドル大統領が再選

韓国金融規制当局が今年Q2にゲンスラー委員長と会談か、「現物ビットコインETF」等で議論の意向=報道、エルサルバドル、ビットコイン支持派のブケレ大統領が再選、Terra(LUNA)のテラフォームラボ元CFO、モンテネグロから韓国へ引き渡される、バイナンスにゲーム特化ブロックチェーンの「Ronin(RON)」上場、トランプ前大統領、AIは「危険で恐ろしい」と指摘。改めてCBDCへの反対姿勢示す=FOX、アバランチのAva Labs、「Durango」アップグレードのプレリリースコード公開、セブンイレブン出資のグルメアプリ「SARAH」、「ONIGIRI Chain」リリース。アバランチサブ、ネットで、自称ビットコイン発明者クレイグライト、英裁判所で審理始まる=ロイター

【2/5話題】ブラックロックの「現物ビットコインETF」出来高、ビットバンクにマスクネットワーク(MASK)上場へなど

ブラックロックの「現物ビットコインETF」、1日の出来高でグレースケール「GBTC」上回る、ビットバンクにマスクネットワーク(MASK)上場へ、国内2例目、ビットフライヤーにアクシーインフィニティ(AXS)・ディセントラランド(MANA)・イミュータブル(IMX)上場、バイナンス、ソラナのオラクルネットワーク「Pyth Network(PYTH)」取扱いへ、アプトスラボ、MicrosoftのAIサービス搭載「アプトスアシスタント」一般公開、ジェネシス、SECとの訴訟和解で約30億円支払いへ、破産したジェネシス、約2360億円相当のグレースケール関連信託資産売却の承認求める、バイナンス、ビットコイン「Ordinals」NFTの取引・ミント対応のプラットフォーム立ち上げ、破綻した3AC創業者設立の取引所「OPNX」、今月閉鎖へ、タイSEC、同国取引所Zipmexにサービス一時停止を命令、中国北京市、暗号資産マイニングを引き続き取り締まる姿勢示す、本年度の計画で、バイビット、香港で「暗号資産プラットフォーム」ライセンス申請

【2/2話題】Polygon Labsが従業員の19%削減、ウォーレンら米上院議員が暗号資産の批判再表明など

Polygon Labsが従業員の19%削減、チームのパフォーマンス向上を目的に、エリザベス・ウォーレン含む米上院議員ら、法案推進の最中、暗号資産への批判を再度表明、米国の「現物ビットコインETF」、オプションの規制承認には数か月かかる可能性=情報筋、セルシウスがチャプター11を終了、債権者へ約4400億円の分配開始へ、新会社設立も、アーサーヘイズがソラナ(SOL)の価格上昇を予想か、1月に買い増し予告、テザー社が昨年第4四半期で約4170億円の純利益を計上、過去最高益、Doodles、カシオ「G-Shock」とコラボへ、ソラナDEX「Jupiter」、「JUP」ローンチとエアドロップ実施

EigenLayer(restaking)を学ぼう / Web3 Business Hub セミオープンセミナー(非会員・一般参加も可能) 2/16 19:30〜

2月16日に「あたらしい経済」と「Kudasai」が共同運営する、企業向けWeb3コミュニティ「Web3 Business Hub(WBH)」のセミオープンセミナーを開催します。通常のコミュニティセミナーは会員限定で開催しておりますが、今回は一般の方もご参加いただける枠をご用意いたしました。ぜひこの機会にご参加ください。

【2/1話題】オーケーコインジャパンにアプトス(APT)上場へ、リップル社会長のXRP口座に不正アクセスなど

国内初、オーケーコインジャパンにアプトス(APT)上場へ、リップル社会長、個人のXRP口座への不正アクセスを報告、ゼータチェーン(ZETA)、メインネットβローンチ、コインベースに「ゼータチェーン(ZETA)」上場、FTX、暗号資産取引所の再開を断念。顧客に全額返済へ、英国の元財務大臣、米コインベースのアドバイザーに、アルゼンチン新大統領、暗号資産保有申告の優遇措置を法案から取り下げ、ワールドコイン(WLD)、データプライバシーの懸念で香港で捜査中、独警察当局がオンライン海賊版グループ関連の約5万BTCを押収、同国では過去最大規模、サークル「USDC」、セロ(CELO)にネイティブ対応へ、コインチェック、エアリアルと共同開発の「実現損益チェッカー」提供開始、デジタル資産基盤「Progmat」、セキュリティトークン取扱金額1000億円超に。三菱商事が市場参入、ポリゴンラボ幹部ら、DeFi市場の不正行為撲滅のための規制枠組み提案

【音声解説】米国で販売開始が話題「現物ビットコインETF」とは?(SBI VCトレード 仮想NISHI)

今回は国内暗号資産(仮想通貨)取引所のSBI VCトレードより、アナリスト/新規事業戦略担当の仮想NISHI氏にご出演いただきました。NISHI氏に、2024年1月10日に米証券取引委員会(SEC)が承認し11日から販売開始され話題となっている「現物ビットコインETF」について解説していただきました。

【1/31話題】イーサリアムのDencunがSepoliaに実装、TransakがVisaと提携で145カ国超でオフランプ提供など

イーサリアム大型アップグレード「Dencun」が2つめのテストネットに実装完了、残すは「Holesky」、web3決済インフラTransakがVisaと提携、145カ国超でオフランプサービス提供へ、「現物イーサリアムETF」承認は5月23日との予想。スタンダードチャータード銀リサーチャー=報道、独警察当局がオンライン海賊版グループ関連の約5万BTCを押収、同国では過去最大規模、サークル「USDC」、セロ(CELO)にネイティブ対応へ、SBI VCトレード、ステーキングサービスに「フレア(FLR)」追加へ、バイナンスにソラナDEXの「ジュピター(JUP)」上場へ、暗号資産決済「Slash」がMantle Networkと提携、独自トークン「SVL」のエコシステム移行へ、イミュータブルのゲーム用ネットワーク「Immutable zkEVM」、メインネットのアーリーアクセス版が開始、コインチェック、バーチャル株主総会総合支援サービス「Sharely」を事業譲渡、トラベルルール対象法域追加の改正案が公表、UAE・インド・英国・ポルトガルなど追加へ、ヴィタリック、クリプトとAIの交わり方の課題や将来性を考察

【1/30話題】三菱UFJ信託らがステーブルコインの貿易活用を検討、StrideがDYDXリキッドステーキングなど

「国産ステーブルコイン」の貿易決済活用に向け共同検討開始、三菱UFJ信託・Progmat・STANDAGE・Gincoらが、DEX「dYdX」のトークン「DYDX」、Strideがリキッドステーキング提供開始、中国大手ファンドHarvest、香港で現物ビットコインETFを申請=報道、EU、域外の暗号資産企業に対する厳格な制限強化=ロイター、Magic Edenが「マジックエデンウォレット」一般公開、早期導入者にはNFTの無料特典も、アバランチのAva Labs、独自スケーリング技術「Vryx(ヴェリクス)」を発表、セキュリタイズジャパンとディーカレットDCP、デジタル通貨決済の公募自己募集型デジタル証券の提供に向け連携、ケネディJr.大統領候補、トランプ前大統領と同じくCBDC発行に反対の姿勢表明、アーサーヘイズ、ビットコイン価格は今年1Qに下落のリスクにさらされると予想

【1/29話題】グーグルで暗号資産信託の宣伝が可能に、政府・日銀がCBDCの連絡会議を初開催など

グーグルで暗号資産信託の宣伝が可能に、米国企業対象に、政府・日銀、CBDCの連絡会議を初開催 課題洗い出しへ、金融庁、「他社発行暗号資産の税制改正」に関連するパブコメ募集開始、自民党web3PT「DAOルールメイクに関する提言」が審議会で了承、関係省庁に申入れへ、米CFTC委員長、「現物ビットコインETF」承認による規制面リスクに懸念、法整備の必要性も指摘、ブラックロックの現物ビットコインETF、時価総額が20億ドル超える、「デジタルポンド」の導入是非判断は最短で25年以降=英当局、米テスラ、BTC保有量に変化なしか。2023Q4決算資料でビットコインに言及無し、ロールアップ用分散型プロトコル「AltLayer」、独自トークン「ALT」エアドロップ開始、Arbitrum One、チェーンリンクの「Chainlink Function」のサポート開始、米ワーナーミュージックとポリゴンラボの「Web3 Music Accelerator program」、2プロジェクト採択、サザビーズでビットコインに刻まれた詩が落札、詩単体は初

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

【1/26話題】INTMAXがアフリカ展開でKepple Africa Venturesと提携、Dencunの次回テストネット実装日が決定など

リョダンシステムズがKepple Africa Venturesと戦略的提携、「INTMAX」のアフリカ展開で、イーサリアム次期大型アップグレード「Dencun」、テストネット「Sepolia」・「Holesky」への実装日が決定、米SEC、グレースケール申請の「現物イーサリアムETF」転換判断をまたも延期、パブコメ募集も、グレースケールの「現物ビットコインETF」、1900億円超が別ファンドに流出。利確売りはほぼ終了か=JPモルガンアナリスト分析、メタマスクがニアプロトコル(NEAR)に対応開始、「MetaMask Snaps」による機能拡張で、日本円ステーブルコインのJPYC、東京都のエンジェル税制事前確認企業に登録、アバランチ上のミームコインを購入する際の資格基準が公開、米司法省がダークウェブ「Silk Road」利用者から押収の2934BTC売却へ、市場に影響の可能性も

【1/25話題】ブラックロックの「現物イーサリアムETF」の可否判断が延期、Polygon LabsがAggLayer v1公開へ

米SEC、ブラックロック申請の「現物イーサリアムETF」の可否判断を3月まで延期へ、Polygon Labs、ブロックチェーン相互運用に向け「AggLayer v1」公開へ、暗号資産レンディングNexo、ブルガリアに約4430億円の損害賠償を求める、スイスのデジタル資産銀行シグナムが60億円超を調達、評価額は約1300億円に、自称ビットコイン開発者クレイグライト、知的財産訴訟の和解を提案、Magic Eden、クロスチェーン報酬プログラム及びオープンソース化を発表

【1/24話題】Arkhamが4社の「現物ビットコインETF」のアドレス特定か、トランプがCBDC反対の姿勢強調など

オンチェーン情報追跡「Arkham」、ブラックロックら4社の「現物ビットコインETF」のアドレス特定か、米大統領選予備選で連勝中のトランプ前大統領、「中銀デジタル通貨」に反対する姿勢を強調、米民主党トップ、マーク・ザッカーバーグらにMetaのデジタル資産関連計画について質問、進め方に懸念も、コロプラのブロックチェーンゲーム 「Brilliantcrypto」、南米でのトークン上場に向け暗号資産取引所「Bit2Me」と契約、「キャプテン翼 -RIVALS-」のガバナンストークン「TSUGT」がBitgetに上場、海外4取引所目の取扱い、コスモス、「ATOM」の最低インフレ率を0%へ引き下げる提案が否決、フィンテック企業Taurus、スイスの小売顧客へ「トークン化証券」提供開始、Manta Network、トークン発売日にDDoS攻撃被害を受けるも現在は回復済み