あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

DeFi有識者hory氏、業界について語る!(ゲスト:Kyber Network Japan Manager 堀次泰介氏)

暗号資産、ブロックチェーン業界の有識者とさまざまなテーマについて語る「CRYPTO BAR」。 今夜のクリプトバーは、DeFi(分散型金融)に精通する有識者として知られ、また「やさしいDeFi」でDeFiの教育や啓蒙も行っているKyber Network JapanのManagerである堀次泰介(hory)氏が来店しました

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

【9/16の話題】「キズナアイ」初NFT販売へ、SBI VCトレードにチェーンリンクとポルカドット上場など(音声ニュース)

VTuber「キズナアイ」初NFT、「Metaani」とコラボで販売へ、国内初、SBI VCトレードにチェーンリンク(LINK)上場。ポルカドット(DOT)も取扱、横浜の「動くガンダム」、ブロックチェーン証明の再エネで稼働、米アブラが約60億円調達、暗号資産の銀行目指す、OpenSea、社員のNFTに関する不正取引の事実を開示、米コインベースプロでBraintrust(BTRST)とHorizen(ZEN)上場、ブラジルサッカーリーグのCRフラメンゴ、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ、DMM Bitcoin、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラルーメンの現物取引開始

【9/15の話題】コインチェックが松田翔太起用で新TVCM、地産フルーツ輸出にブロックチェーンなど(音声ニュース)

コインチェック、松田翔太起用の新テレビCM発表、【取材】地産フルーツ輸出にブロックチェーン、chaintopeらがトレーサビリティ実証に成功、FTXがチリーズと提携、インテルとガラタサライのファントークン上場、チリーズのSocios. comがスペインプロサッカーリーグと提携、EYがポリゴンと協業、企業向けに「Polygon Nightfall」開発、スクエアがLinux技術関連の特許防衛コンソーシアムに加盟、ピュアデジタル、スタンドチャータード銀行のカストディサービスでのテスト取引に成功、マレーシア証券取引所、ブロックチェーンを活用した株券発行の概念実証開始、英マイニング企業アルゴブロックチェーン、ナスダックでIPO、中国人民銀行、金融分野のブロックチェーン応用例や問題点を公表

【解説動画】日本の暗号資産税制は改正されるのか?(ゲスト:クリプタクト代表取締役斎藤岳氏)

今回の「#CONNECTV」では、今の仮想通貨(暗号資産)税制がどういった状況にあるのか?どういった形で要望が行われるのか?について、一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の税制検討部会長でもある株式会社クリプタクトの代表取締役の斎藤岳氏をゲストにお迎えし、解説を頂いた

【9/14の話題】コインベースの社債発行計画、マイクロストラテジーがBTC追加購入など(音声ニュース)

コインベースが15億ドル分の社債発行を計画、コインベース、幹部らのインサイダー取引疑惑を正式否定、米SEC委員長、暗号資産市場で投資家保護の必要性を強調へ、マイクロストラテジー、267億円相当のビットコイン追加購入、NYCB、銀行口座残高をトークン化し株式取引デジタル決済に成功、米マイニングのグリーニッジ、合併でナスダック上場企業へ、エルサルバドル、外国人投資家のビットコイン投資利益を非課税へ、東京ハッシュ、暗号資産取引サービス提供開始、ビットポイントジャパン代表の小田玄紀氏、JVCEAの副会長に

【9/13の話題】メルコインがJVCEA第二種会員に、三上悠亜がNFT発売へなど(音声ニュース)

メルカリ子会社「メルコイン」がJVCEA第二種会員に、暗号資産取引所事業に向け前進、セクシー女優の三上悠亜、新たにNFT発売へ、【取材】トレードワルツ「貿易コンソーシアム」が拡大へ、焦点は電子船荷証券の法改正、トロン(TRX)とクオンタム(QTUM)、フォビジャパンで上場、スイス証券取引所(SIX)傘下のSDX、暗号資産取引所運営ライセンス取得、パリSGファントークン(PSG)、Crypto. comで上場、バイナンスにGala(GALA)上場

10分で分かるビットコイン急騰・急落前のクセVol. 2(株式会社ココスタ代表 佐々木徹)

今回の「#CONNECTV」では、株式会社ココスタ代表 佐々木徹氏を講師としてお招きして、暗号資産(仮想通貨)投資を始めたばかりという方にも分かりやすく「ビットコイン急騰・急落前の前兆やヒント」についてブロック生成時間という観点から動画で解説します

【9/10の話題】gumiが1億ドル規模の暗号資産専門ファンド、マスターカードがサイファートレース買収へなど(音声ニュース)

gumi、1億ドル(約109億円)規模の暗号資産専門ファンド組成へ、米マスターカードがサイファートレース買収へ、デジタル資産領域への展開進む、米クラーケン、dYdX(DYDX)を上場、コービー・ブライアントデザインのウブロ時計とNFTアートとシューズのパッケージ、オークション出品へ、米SECがVanEckビットコインETF承認再延期、最終回答は11月に、サザビーズに出品のNFT「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札、カルバンクラインとトミーヒルフィガーがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保、仏サッカーのパリSGとCrypto. com提携。スポンサー料は暗号資産で支払い、NFTリリースも、NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ、TAOTAOがリップル(XRP)を現物取引に追加、3on3バスケリーグの「HIU ZEROCKETS.EXE」、FiNANCiEでクラブトークン発行

【9/9の話題】ウクライナが暗号資産取引を合法化へ、小室哲哉がNFT今秋発売など(音声ニュース)

ウクライナが暗号資産取引等を合法化へ、議会で法案可決、小室哲哉がNFT今秋発売、音楽業界でもNFTの活用は進むか?、大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」でバグ、NFT1,100万円相当が消失、「nanakusa」NFT流出事件、運営が説明会実施、DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明、Zaifが第一種金融商品取引業廃止へ、暗号資産現物取引は継続、米コインベースプロでRari Governance Token(RGT)とXYO Network(XYO)上場、延期していたShiba Inu(SHIB)も、Bリーグ「佐賀バルーナーズ」がFiNANCiEでクラブトークン発行

【9/8の話題】エルサルバドルがビットコイン法定通貨化、香取慎吾NFT完売など(音声ニュース)

エルサルバドル、ビットコイン法定通貨化の初日は波乱含み、香取慎吾NFT10,000個完売、アートチャリティプロジェクトで、パナマ国会議員、暗号資産とブロックチェーンの活用促進する法案発表、NBA選手ステフィン・カリーがFTXへ出資、グローバルアンバサダーへ、フェイスブックらのディエム元COO、ポルカドット開発元Web3財団COOに、コインベースの暗号資産貸付サービス、米SECが提訴の可能性

【9/7の話題】西武ライオンズがNFT販売、FTXがNFTミント機能提供など(音声ニュース)

日本プロ野球界初、西武ライオンズがNFT販売。スタートバーンのStartrail活用、FTXがNFTミント機能提供、CEOの「Test」NFTが約3,000万円で落札、ビットフィネックス、デジタル証券取引プラットフォーム立ち上げ、エルサルバドルが約23億円分ビットコイン購入、法定通貨化に向け追加取得の可能性も、チェインスモーカーズやフォビらが出資、OPクリプトが27億円規模のファンド立ち上げ、日本マイクロソフト、ステイクのアスターと紫電のエコシステム構築支援、バイナンス、暗号資産自動積立サービス開始、ドルチェ&ガッバーナ、初のNFTコレクション、中国人民銀行、暗号資産取引の規制整理し通常監督体制へ

【9/6の話題】香取慎吾がNFTアート活用のチャリティプロジェクト、ステイクが約33億円規模のファンドなど(音声ニュース)

香取慎吾がNFTアート活用のチャリティプロジェクト開始へ、【取材】ステイクが約33億円規模のファンド、開発者支援でアスターと紫電のエコシステム拡⼤目指す、バイナンスがシンガポールドル取引ペアなどサービス停止、規制当局から警告受け、南アフリカ金融規制当局、バイナンスを警告、韓国初、チリーズのSocios. comがKリーグ浦項スティーラースと提携、BCリーグ初、埼玉武蔵ヒートベアーズがFiNANCiEでクラブトークン発行

【9/3の話題】ダブルジャンプがZ Venture、ビットフライヤー、バンダイナムコから資金調達、UXD Protocol約3.3億円調達など(音声ニュース)

ダブルジャンプがZ Venture、ビットフライヤー、バンダイナムコから資金調達。NFT市場へ大手ら連携相次ぐ、【取材】日本発ステーブルコイン開発のUXD Protocol、海外著名VCらから約3.3億円調達、1SEC、ファンコミュニティサービス「PEEEPS(ピープス)」β版提供開始 、日本円ステーブルコインJPYC「ふるさと納税」に対応、徳島県海陽町で、パレット(PLT)、9月14日に公式ウォレットにステーキング機能追加、SBIの日本初の暗号資産ファンド、11月に計画、ツイッター投げ銭機能が、ビットコインとイーサリアムアドレスに対応か、イーサリアムのステーキングサービス一部地域対応へ、米コインベース、オーケーコインジャパン、暗号資産IOST上場へ、Cardano(ADA)上場とSymbol(XYM)取り扱いへ、サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)

Sponsored

【9/2の話題】ビットバンクがミクシィとセレスより資金調達、紫電のSDNがクラーケンに上場へなど(音声ニュース)

ビットバンク、ミクシィとセレスより約75億円資金調達。クリプト×コンテンツで様々な事業創出目指す、日本発ブロックチェーン紫電ネットワーク「SDN」、米大手取引所クラーケンに上場へ、HashPortが経営管理体制を強化、社外取締役にARIGATO BANK白石氏、監査役に染原氏、取締役CFOに海保氏、メタマスク、月間アクティブユーザーが1,000万人超に、ツイッター、ビットコイン投げ銭機能をテストか、SBI支援のブロックチェーン活用プレミアム付商品券、新たに4地方団体で発行へ、DFINITY、インターネットコンピューター(ICP)上でNFT1万個を無料配布、政治資金調達にNFT販売、ミネソタ州知事選候補、国際決済銀行とオーストラリア、マレーシア、シンガポール、南アフリカの中銀が、CBDCの国際決済テストへ、CAC、ブロックチェーン利用の配達員保険システムの実証実験

Sponsored

【9/1の話題】OpenSeaの月間流通総額が約3,650億円に、「Adam byGMO」β版ローンチなど(音声ニュース)

NFTマーケットプレイスOpenSea、月間流通総額が約3,650億円に、「Adam byGMO」β版ローンチ、K-1やYouTuberヒカルらなどのNFT1192点を販売開始、金融庁、暗号資産取引所規制やNFTなど含む金融行政方針公表、SBI VCトレードとTaoTaoが合併、暗号資産取引所サービスはそれぞれ継続、米コインベースプロでDerivaDAO(DDX)、DFI.money(YFII)、Radicle(RAD)上場、イーサリアム関連技術開発のオフチェーンラボが約140億円調達、アービトラムワンはメインネットβ版ローンチへ、約165億円のビットコイン信託基金承認、エルサルバドル議会が法定通貨化に向け、セロ(Celo)、主要DeFiプロジェクトと100億円規模のインセンティブプログラム開始へ、BraveとGeminiのユーザーウォレットが連携可能に、「nanakusa」がマネロン対策機能導入、国内NFTマーケットプレイス初、徳島県鳴門市で日本初のNFT美術館設立、マーケットプレイス提供も

Sponsored

次のゲームチェンジ。起業家よ、暗号資産/ブロックチェーンに注目せよ(國光宏尚 インタビュー 後編)

今回は株式会社gumiのファンダーであり、暗号資産とブロックチェーンに特化したベンチャーキャピタルであるgumi Cryptos Capitalや、ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」を手がける國光宏尚氏のインタビュー(後編)をお届けします。