あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

【試聴】ブロックチェーンエンジニアという仕事/スタートバーン 篠原航 インタビュー(Amazon Audible特別番組)

今回はスタートバーン株式会社 開発部 ブロックチェーンエンジニア 篠原航氏をゲストに迎え、ブロックチェーンエンジニアの仕事について、ブロックチェーン技術の魅力、エンジニア視点でどうクリプトプロジェクトをみているか、などについて語っていただきました。(聞き手:幻冬舎「あたらしい経済」竹田匡宏)

コインチェックがHashpaletteのIEOへ、DBS銀行がSTOなどのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)ニュース解説

コインチェックがHashpaletteのIEO発表、今夏NFTプラットフォーム「Palette」のトークンを、DBS銀行がSTO、約16億円のデジタル債券を「DDEx」で発行、a16z、暗号資産3号ファンドを約2,200億円規模で組成を計画か、米ドキュサイン、AI・ブロックチェーン活用の契約書サービス企業「クローズ」を買収、USDC開発の米サークル、約480億円の資金調達、スウェーデン中銀、CBDC「e-クローナ」を外部関係者とテストへ、クラーケンがMina(MINA) を上場、気温上昇により自動焼却されるNFT「Two Degrees」、サザビーズにて出品

【解説】ビットコインのマイニング難易度がマイナス15.97%(過去3位)、背景と注目点

仮想通貨ビットコインの採掘難易度(ディフィカルティー)調整が、大幅なマイナス調整水準で更新日を迎えた。最新の難易度調整を前回比-15.97%で完了。 マイナス調整幅としては、2011年10月31日に調整した-18.03%、20年11月3日に調整した-16.05%に次ぐ過去3番目の規模だ。

デリバティブ市場の民主化を目指す、DeFi「Vega Protocol(ベガ・プロトコル)」とは?(Barney Mannerings)

Vega Protocol(ベガ・プロトコル)はDeFi(分散型金融)の中でも今注目されている、イギリス発の分散型デリバティブ取引プロトコルだ。分散化されたネットワーク上で、高速で低い手数料でデリバティブ取引を行うことができるプロジェクトで、現在テストネットがローンチされており、2021年末にはメインネットのローンチ予定だ。

Sponsored

自民党ブロックチェーン推進議連が提言手交、みんなの銀行サービス開始などのニュース解説ラジオ

自民党ブロックチェーン推進議連、平井デジタル改革担当大臣へ提言を手交、国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」、サービス提供開始の発表、BTCやUSDCの利回りを証券化、機関投資家向けファンド「Securitize Capital」設立、LINEが中銀デジタル通貨事業を展開へ、韓国LINE Plusがアフリカと南米にて、「暗号資産にも投資家保護を」SEC委員長が米国公聴会にて見解示す、米国2件目のイーサリアムETF、SECへ申請、ユニスワップはイーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」を採用か、イーサリアムL2ソリューション「Arbitrum」がEtherscanとパートナーシップを発表、バイナンスにLivepeer(LPT)が上場、バイナンス、NFTマーケットプレイスを6月24日にローンチへ、NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」が一般受付開始

ペイパル暗号資産の入出金サービス計画、アップル暗号資産決済に関する人材募集などのニュース解説ラジオ

ペイパル、暗号資産の入出金サービスを計画。ブロックチェーン担当者発言、アップルが暗号資産決済に関する経歴を持つ人材募集、アップルペイにも影響か、Dfinity財団、Internet Computerの開発者に約242億円の助成金提供、米フィデリティのビットコイン関連ファンド、約111億円調達、米ネブラスカ州、デジタル資産管理企業向けの銀行設立フレームワークを包摂する法案「Financial Innovation Act」を設立、ステイクテクノロジーズ、ToyCash、Parityが共同でWeb3.0ブラウザー「Brave」の広告システム最新実装を提案、南アフリカ準備銀行、リテール型中銀デジタル通貨の実現可能性の調査開始、カナダ規制当局OSC、取引所ポロニエックスの証券法違反を指摘、トレードワルツ、デロイトトーマツ、バイナルが貿易実務電子化サポートサービス開始、AP通信、175周年を記念しNFTをオークション販売

【10分解説】企業のビットコイン市場への参入加速か? コインベースPrimeとは?

米大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が機関投資家向けサービス「Coinbase Prime(コインベースプライム)」のベータ版リリースを5月25日に発表した。 今回の「CONNECTV ニュース10分解説」では、「Coinbase Prime」リリースにより、企業のビットコイン市場参入についてどのように影響を与えるのかをサービス内容の説明を踏まえて解説をしています

SMBC日興証券がSTO取扱へ、Bybitが中国でアカウント停止措置などのニュース解説ラジオ

SMBC日興証券、STO(証券トークン)取扱へ、Bybit、中国国内ユーザーへアカウント停止措置を通知、マイニングの禁止について、中国内モンゴル自治区が禁止措置を提案、UAEが暗号資産/ブロックチェーンを強化、ドバイの法人税非課税エリアに「DMCC Crypto Centre」設立、インドネシア中銀がデジタル・ルピアの導入を計画、米SECコミッショナー、カストディ規制近代化の必要性主張、米ギャラクシー・デジタルがビジョン・ヒル・グループ買収、機関投資家向けプラットフォーム強化、コインベース、機関投資家向け「Coinbase Prime」のベータ版リリース、アニモカ・ブランズとヘデラ・ハッシュグラフが提携、NFTサッカーゲーム開発へ、米ゲームストップ、NFTプラットフォーム開発に着手、韓国カカオトークのクレイトン、NFT発行サービス開始、SCAM退散!書道家 武田双雲氏、NFT作品をオークションにて販売へ、テゾスの音楽NFTプラットフォームONE OF、シードラウンドで約68億円の資金調達、ステラ開発財団、AirTMに約16億円を投資

【10分解説】ビットコインと「環境問題」

ビットコインのPoWでのマイニングに関して、その環境問題が懸念されている。 環境問題への課題から、先日テスラはそれまで受け付けていたビットコイン支払いを中止するという決断をした。それをきっかけに改めて今、ビットコインや暗号資産に関する環境問題が大きく取り立たされている。そしてビットコインのマイニング企業も、その課題を改善するべく様々な取り組みを進めている。

米マラソンの環境考慮マイニング施設、韓国CBDC発行シュミレーションなどのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)ニュース解説

ナスダック上場企業マラソン、環境問題を考慮したマイニング施設建設へ、米ワンリバー、カーボンクレジットの購入を組み込んだビットコインETFを申請、韓国がCBDC発行を今夏シュミレーション、資産家レイ・ダリオ氏がビットコインの保有を公言、バイナンスにMask Network (MASK)が上場、大手銀行HSBCのCEO、暗号資産事業参入に消極的意見、トレードワルツが新「貿易コンソーシアム」発足、会員企業は40社に拡大、オタクコイン協会とクリプトゲームス、NFT販売時の問題点解決に向け実証実験、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、NFT取引機能を実装

韓国中央銀行、CBDC発行や償還を今夏シュミレーション

韓国の中央銀行である韓国銀行が分散型台帳技術(DLT)に基づく中央銀行デジタル通貨(CBDC)の技術提供者となる企業を募る入札依頼書を発表し、いくつかの詳細を明らかにしたことをLedger insightsが報じた。過去に韓国銀行はデジタル通貨のカストディについて、クレイトンやヒュンダイと協議を行っていた。

旭化成がブロックチェーン活用、ビットポイントがNFTプラットフォームなどのブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)ニュース解説

旭化成、日本IBMらとブロックチェーン活用のプラスチック資源循環プロジェクト「BLUE Plastics」発足、ビットポイントジャパン、NFT事業へ参入発表、ブロックチェーン・衛星モニタリングを活用しカーボンクレジット市場を創出、DBS銀行ら合弁会社「Climate ImpactX」を設立、ビットコイン基盤技術開発のブロックストリーム、ビットコインヘッジファンドを買収、香港財務局、暗号資産取引を適格機関投資家に限定、中国国務院、ビットコインのマイニングや取引の取締り表明、F1チームのレッドブル・レーシング・ホンダ、テゾスブロックチェーンと提携、JASRAC、ブロックチェーン活用の楽曲情報管理ツールの実証実験、マンガ『BARレモン・ハート』のNFT、オープンシーにてオークション出品 販売収益は飲食店支援に活用

マンガ『BARレモン・ハート』のNFT、オープンシーにてオークション出品 販売収益は飲食店支援に活用

株式会社TARTが、マンガ『BARレモン・ハート』を管理する株式会社ファミリー企画及び酒専門店の株式会社リカーマウンテンと共同で、限定の書き下ろしイラストをNFTとして販売し、その収益を飲食店支援に活用するプロジェクトを開始することを5月24日発表した。