あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

日銀がレポート「中銀デジタル通貨が現金同等の機能を持つための技術的課題」を公開、MUFGがBCシステム「Trakk」を活用した商品貿易金融取引に成功などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本銀行が「中銀デジタル通貨が現金同等の機能を持つための技術的課題」と題するレポートを公開、MUFGがブロックチェーンシステム「Trakk(トラック)」を活用した商品貿易金融取引に成功、中国アリババがブロックチェーン特許取得数で独走、米国内国歳入庁(IRS)が暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンプロトコルの取引追跡に関するRFIを公開、みんな電力がブロックチェーンを活用した電力取引とトレーサビリティシステムに関する特許を取得、中西金属工業株式会社がブロックチェーン技術を活用の物流倉庫向け「配送システム」開発に着手、日本セキュリティトークン協会がオンラインセミナー「セキュリティトークン・STOに関する金融商品取引法等の改正」を8月4日に開催

(Basset代表取締役竹井悠人氏のコメント追記)ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース

ブロックチェーンセキュリティー企業「Basset」が、暗号資産(仮想通貨)事業者や開発者に向け、AML/CFT(資金洗浄およびテロ資金供与の対策)リスクを自動評価するAPIをリリースしたことを発表。このAPIのリリースの目的はサービス利用者が安全な取引を実施できるようにすることとのことだ。

MUFGがブロックチェーンシステム「Trakk(トラック)」を活用した商品貿易金融取引に成功

MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)が文書の監査証跡を構築する独自のブロックチェーンシステムであるTrakk(トラック)を使用して、商品貿易金融取引に成功したことを発表した。Trakkを開発したのはKomgo社。Komgoは様々な貿易金融デジタルプラットフォームを開発している。ちなみにMUFGはKomgoに出資をしていて、Komgoはこれまで約10億ドルの資金調達を行なっている。

米国内国歳入庁(IRS)が暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンプロトコルの取引追跡に関するRFIを公開

米国内国歳入庁(IRS)は調査パイロットプログラムの一環として、さまざまな種類の暗号資産(仮想通貨)取引を追跡するために使用できるツールの可能性についての情報を募集していることを明らかにした。調査パイロットプログラムはIRS犯罪捜査部門(CI)のパイロットプログラムに関連しているとのこと。

SBIが英国の暗号資産差金決済取引認可のB2C2へ3,000万ドル出資、JPXと証券保管振替機構らが投信信託の事務作業にBC技術活用の実証実験開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

SBIが英国の暗号資産CFD(差金決済取引)の認可を持つB2C2社へ3000万ドル(約32億円)出資、日本取引所グループ(JPX)と証券保管振替機構(ほふり)らが投信信託の事務作業にブロックチェーン技術を活用する実証実験を開始、JVCEA第一種会員にマネックス証券が入会、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての米上院公聴会で専門家は一貫して米ドルのデジタル化を推奨

SBIが英国の暗号資産CFD(差金決済取引)の認可を持つB2C2社へ3000万ドル(約32億円)出資

SBIホールディングス株式会社の100%子会社で、金融サービス事業の中間持株会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社がイギリスロンドン本社の暗号資産(仮想通貨)のマーケットメイカー事業を行うB2C2社の株式取得に関して、B2C2社の既存株主と合意したことを発表した。SBIが取得した株式評価額は、3000万ドル(約32億円)とのこと。B2C2社の子会社は2019年1月にイギリスで初となる暗号資産差金決済(CFD:Contract For Difference)ライセンスをイギリス金融行為監督機構(FCA:Financial Conduct Authority)から取得している。

欧州イノベーション評議会がBCスタートアップ6社へ560万ドル支援、LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」とエンタープライズ向けBC基盤比較レポート公開などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州イノベーション評議会(EIC)がソーシャルグッドなブロックチェーンスタートアップ6社へ合計560万ドルの支援、LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポートを公開、bitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」の試用環境を公開、中国北京市が2022年までにブロックチェーンイノベーションのハブ都市を目指す宣言、英金融規制当局が暗号資産(仮想通貨)市場調査レポートを公開

LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポートを公開

株式会社LayerXが、同社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワーク「LayerX Enterprise blockchain Analysis Framework(LEAF:リーフ)」を6月30日公開した。またこの公開と同時に代表的なエンタープライズ向けブロックチェーン基盤であるCorda、Hyperledger Fabric、 Quorumについての分析結果も公開した。

欧州イノベーション評議会(EIC)がソーシャルグッドなブロックチェーンスタートアップ6社へ合計560万ドルの支援

欧州イノベーション評議会(EIC:European Innovation Council )が、6つのブロックチェーンスタートアップに560万ドルの助成金を支給したことを明らかにした。この助成金は、EICが主催した「EIC Prize on Blockchains for Social Good」で各賞に採択された企業へ支給される。なおこの賞にはQuality Content(コンテンツの質)、Traceability & Fair Trade(トレーサビリティとフェアトレード)、Financial Inclusion(金融包摂)、Aid & Philanthropy(援助と慈善活動)、Decentralised Circular Economy(分散型循環経済)、Energy(エネルギー)の6種類がある。

中国北京市が2022年までにブロックチェーンイノベーションのハブ都市を目指す宣言

中国北京が今後2年間でブロックチェーンイノベーションのハブになる都市を目標とし、都経済発展と最先端技術の融合を目指していることを明らかにした。北京市政府が「北京ブロックチェーン・イノベーション発展行動計画(2020-2022)」と名付けられた新たな取り組みを発表したことで明らかになった。この発表には北京がブロックチェーン・アプリケーションを完全に統合した中国全土初の都市の1つになるという野心的な文章が記載されている。

R3とiExecとIoTexがFacebookら所属のデータプライバシー特化のコンソーシアム参加、バイナンスの現物取引システムが処理速度10倍の大幅アップグレードなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン関連企業R3とiExecとIoTexがFacebookなどが属するデータプライバシー特化のコンソーシアムへ参加、バイナンスの現物取引システムが処理速度10倍の大幅アップグレード、ブロックチェーンセキュリティ企業Basset(バセット)が暗号資産(仮想通貨)リスク分析APIをリリース、SBI VCトレードが暗号資産取引アプリ「VCTRADE SP」をサービス開始、マネックスクリプトバンクが日本国内のブロックチェーン動向を網羅した業界レポート「Blockchain Data Book 2020」を発表

ブロックチェーン関連企業R3とiExecとIoTexがFacebookなどが属するデータプライバシー特化のコンソーシアムへ参加

ブロックチェーン関連企業のR3とiExecとIoTeXがデータプライバシーに取り組むテクノロジー企業のコンソーシアム「Confidential Computing Consortium(CCC:コンフィデンシャル・コンピューティング・コンソーシアム)」へ参加したことを海外メディアDecryptoが報じた。このConfidential Computing Consortiumには、Facebook、Accenture、NVIDIA(エヌビディアコーポレーション)などが参加している。ちなみにこのコンソーシアムの年間予算は80万ドルとのことだ。

米半導体AMDとConsenSysがBCデータセンター立ち上げ、SBIが日本初の暗号資産ファンド設立へ、VanguardがBCベースの外国為替取引システムを第3Qにローンチかなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD,」の立ち上げ、SBIが日本初の暗号資産ファンドの立ち上げの計画を発表、Vanguard(ヴァンガード)のブロックチェーンベースの外国為替取引システムが2020年第3四半期にローンチか、レシカと千葉大医学部附属病院がブロックチェーンを活用した医療データ共有プラットフォームを開発、韓国ヒュンダイ技術部門の子会社Hdacが3件のブロックチェーン関連特許を出願

レシカと千葉大医学部附属病院がブロックチェーンを活用した医療データ共有プラットフォームを開発

分散型ビジネスモデルのソリューションを提供する株式会社レシカが、千葉大学医学部附属病院の研究チームとの共同研究で、ブロックチェーン技術を活用した患者の診療データを医療者との間で所有・共有する仕組みを開発したことを6月26日発表した。

米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD」の立ち上げ

米国の大手半導体製造メーカAdvanced Micro Devices (AMD/アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)とブロックチェーン企業のConsenSys(コンセンシス)がジョイントベンチャー「WEB3CLOUD」を設立したことを発表した。「WEB3CLOUD」は合計2050万ドルの転換社債を発行し、AMD、ConsenSys、アラブ首長国連邦のいくつかのファミリーカンパニーから、資金を集めて設立された。