米前大統領トランプ、「クリプトプレジデントになる」資金集めで売り込み。具体的な施策は示さず

トランプが「クリプトプレジデントになる」と発言

米大統領選で再選を目指す共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、6月6日にサンフランシスコで開いた資金集めのイベントで、自分を熱心な暗号資産(仮想通貨)推進派だと売り込み、暗号資産を規制しようとしていると民主党を批判した。イベントに参加した3人がロイターに明らかにした。

このイベントはハイテクベンチャーキャピタル(VC)投資家のデービッド・サックス(David Sacks)氏とチャマス・パリハピティヤ(Chamath Palihapitiya)氏が主催し、高級住宅地パシフィックハイツにあるサックス氏の自宅で開かれた。トランプ氏はこのイベントで1200万ドル(約18.9億円)を集めた。

サンフランシスコに拠点を置くハイテク企業の経営幹部で、トランプ政権時に駐オーストリア大使を務めたトレバー・トライナ(Trevor Traina)氏によると、トランプ氏はイベントで「クリプトプレジデント:暗号資産大統領になる」と断言した。

また共和党全国委員会のハーミート・ディロン(Harmeet Dhillon)委員によると、トランプ氏は暗号資産の重要性を強調し、自分はこの業界の熱心な支持者だと訴えた。ただ具体的な暗号資産政策は示さなかったという。

サンフランシスコはリベラル派が優勢な地域だが、地元のVC投資家や暗号資産投資家の間でトランプ氏支持の動きが広まっており、理由として規制の行き過ぎを挙げている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
「仮想通貨大統領になる」、トランプ氏が資金集めで売り込み
(Alexandra Ulmer)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している