トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時3300万ドル超に

贈られたミームコインの価格高騰で

米前大統領で2024年米大統領選の候補者であるドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、6月5日時点で約3,339万ドル(約52億円)の暗号資産(仮想通貨)を保有していることが明らかになった。オンチェーン情報の追跡プラットフォーム「アーカム(Arkham)」が公式Xで報告している。

同氏のウォレットを見ると、ポートフォリオの大部分を「Trump Frog(TROG)」と「MAGA(TRUMP)」が占めており、両トークンは記事執筆時点(2024年6月6日15:00)で合計約1,887万ドル(約29億円)相当の価値がある。ちなみにそれらに次ぐ資産として、約182万ドル(約2.8億円)相当のイーサリアム(ETH)をトランプ氏は保有している。ちなみにTROG及びTRUMPの値動きにより、現在トランプ氏の暗号資産保有額は約2,328万ドル(約36億円)となっている。

トランプ氏が保有するTROGやTRUMPは同氏に寄付されたミームコインだ。特に6月1日より発売されたTROGはその供給量の半分がトランプ氏に贈られたもので、その価格はローンチから980%の上昇を見せている。今回トランプ氏の暗号資産ポートフォリオの価格を押し上げたのは、このことが要因の一つとなっている。

11月の大統領選へ向け、現大統領ジョー・バイデン(Joe Biden)氏と対決するトランプ陣営は5月21日、暗号資産による政治献金の受け入れを開始。トランプ政権には暗号資産採用の用意があるとアピールしている。 また、米国の暗号資産規制を逃れる為に米国外へ移転している暗号資産事業者に対して、「私たちが暗号資産を受け入れるのであれば、彼らを米国内に留めなければいけない」とコメント。過去には暗号資産に批判的であったトランプ氏だが、今回の選挙戦では暗号資産に対して前向きな態度を見せている。

関連ニュース

参考:トランプ氏のウォレット
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored