#BTC

自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張を裏付ける文書について偽造を否定

ビットコイン(Bitcoin)を発明したと主張するオーストラリアのコンピュータ科学者クレイグ・ライト(Craig Wright)氏が、「激しく議論されている自らの主張を証明するために、文書を偽造したことは一度もない」と英ロンドンの法廷で語った。同氏は、暗号資産(仮想通貨)の所有権をめぐる法廷闘争で証拠を固め始めた

自称ビットコイン発明者クレイグライト、英裁判所で審理始まる=ロイター

暗号資産(仮想通貨)の所有権をめぐる法廷闘争が始まった2月5日、オーストラリアのコンピューター科学者クレイグ・ライト(Craig Wright)氏がビットコインの発明者だと主張するのは「図々しい嘘」だと、ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が支援するグループの代理人弁護士が英ロンドンの裁判所に語った

韓国金融規制当局が今年Q2にゲンスラー委員長と会談か、「現物ビットコインETF」等で議論の意向=報道

韓国の金融規制当局である韓国金融委員会(FSC)のイ・ボクヒョン金融監督院長は今年、米証券取引委員会(SEC)のゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長と会談し、現物ビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)など暗号資産(仮想通貨)産業に関する協議を行う予定だという。現地メディアのザ・エコノミック・デイリー(한국경제)が2月5日報じた

ブラックロックの「現物ビットコインETF」、1日の出来高でグレースケール「GBTC」上回る

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が2月1日、米国で現物ビットコインETF(上場投資信託)承認以来、取引高で初めてグレースケール(Grayscale)の現物ビットコインETF「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を上回ったようだ

仮想通貨(暗号資産)を取引所に置いてるだけで増える「ステーキング」とは? ローソク足って? | りょかち × SBI VCトレード 近藤智彦

購入画面に表示されていた、グラフのようなもの。暗号資産の価格を表しているんだと思いましたが、よく読み方が分かりませんでした。 今回はSBI VCトレードの近藤社長にこのグラフのようなものの見方、そしてコインを取引する以外にも、コインを増やすことのできる方法について教えていただきました。

Sponsored

【音声解説】米国で販売開始が話題「現物ビットコインETF」とは?(SBI VCトレード 仮想NISHI)

今回は国内暗号資産(仮想通貨)取引所のSBI VCトレードより、アナリスト/新規事業戦略担当の仮想NISHI氏にご出演いただきました。NISHI氏に、2024年1月10日に米証券取引委員会(SEC)が承認し11日から販売開始され話題となっている「現物ビットコインETF」について解説していただきました。

「中央管理型通貨の恣意的なインフレリスクとおさらばしましょう! 」サトシがビットコイン0.3リリースで寄せた言葉

この新しいリリースの内容について、サトシは技術面の説明のみならず、次のような販売・マーケティングの口調も披露している。「中央管理型通貨の恣意的なインフレリスクとおさらばしましょう!ビットコインの総流通量の上限は2100万コインです」