【6/11話題】コインチェックIEO「BRIL」購入申込金額が333億円、韓国がNFTの暗号資産該当判別ガイドラインなど

web3ニュースをポッドキャストで!

ブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)・フィンテックについてのニュース解説を「あたらしい経済」編集部が、平日毎日ポッドキャストでお届けします。Apple PodcastSpotifyVoicyなどで配信中。ぜひとも各サービスでチェンネルをフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。

紹介したニュース

  • コロプラ「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、購入申込の金額333億円・人数7.94万人を記録
  • メタプラネットが2.5億円分のビットコイン追加購入、合計保有数141.0727BTCに
  • 韓国、暗号資産に該当するNFTか判別するガイドライン発表
  • フィデリティ、JPモルガンの「Onyx」でマネーマーケットファンドをトークン化=報道
  • zkSyncがコミュニティ「ZK Nation」発足、プロトコルの管理・保護・成長を目的に
  • 米前大統領トランプ、「クリプトプレジデントになる」資金集めで売り込み。具体的な施策は示さず
  • Arbitrum、ゲームプロジェクトへの約2億ドルの投資がDAOで承認
  • gumi、純損失59億円計上もブロックチェーン事業は好調
  • アーサーヘイズ、G7の中央銀行の利下げで「暗号資産強気相場が始まる」と予想
  • テザー社が香港拠点の金融機関XREX Groupに約29億円出資、USDTのクロスボーダーB2Bで

→それぞれの記事はこちらから

再生は以下から

Apple Podcast / Spotify /Voicy

※このブラウザで再生する場合は、以下の再生ボタンを押して10秒程度お待ちください。

オープニング曲:小林未季

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored