暗号資産の盗難額、上半期は前年比2倍強に増加=調査会社

暗号資産の盗難額、上半期は前年比2倍強に増加

ブロックチェーン調査会社TRMラブズ(TRM Labs)が7月5日に公表した報告書によると、今年上半期にハッカー攻撃によって盗まれた暗号資産(仮想通貨)の総額は前年同期の2倍強に増加した。少数の大規模な攻撃や暗号資産の価格上昇により、盗難額が増えたという。

年初から6月24日までの暗号資産盗難額は13億8,000万ドル強相当。前年同期は6億5,700万ドル相当だった。

また被害額の中央値は前年の1.5倍となった。

TRMラブズのグローバル政策責任者、アリ・レッドボード(Ari Redbord)氏は「暗号資産のエコシステムに対するセキュリティーに根本的な変化が見られない中、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)といったトークンの価値は前年同期と比べて大きく上昇している」と指摘。これは、サイバー犯罪者が暗号資産を攻撃する動機が強まっていることを意味すると強調した。

今年これまでの最大級の被害は、DMMビットコインの約3億800万ドル相当だった。同社はこれを「不正流出」としている。

国連は、北朝鮮が核開発やミサイル開発の費用を捻出するためサイバー攻撃を利用していると非難している。北朝鮮はこうした容疑を否定している。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
ロシア、海外取引決済にデジタル資産を活用すべき=中銀総裁
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored