メタマスク、暗号資産の盗難被害を未然に防ぐ機能「セキュリティアラート」導入

メタマスクで新たにプライバシー保護機能が導入

web3ウォレットのメタマスク(MetaMask)に、暗号資産(仮想通貨)の盗難被害を未然に防ぐ為のプライバシー保護機能「セキュリティアラート」が導入された。メタマスク開発元の米ブロックチェーン関連企業コンセンシス(Consensys)が10月31日発表した。

「セキュリティアラート」は、詐欺やフィッシング、ハッキングからユーザーを保護する為に、悪意のあるトランザクションが発生するのを未然に阻止する機能とのこと。同機能は、メタマスクとweb3セキュリティ企業のブロックエイド(Blockaid)の提携のもと開発され、数十億ドル相当の暗号資産の盗難を防ぐことを目的としているという。

発表によると、殆どのweb3ウォレットが提供するセキュリティアラートは、検証の為にユーザーのトランザクションデータをサードパーティと共有するが、今回メタマスクに導入された「セキュリティアラート」は、全てのトランザクションと署名リクエストをサードパーティと共有せずに済む独自のプライバシー保護モジュールとして開発されたとのこと。

まずはメタマスクのデスクトップユーザーを対象に、実験的なオプトイン機能として「セキュリティアラート」は利用可能となったとのこと。またモバイルアプリユーザーも実験的なオプトイン機能として11月後半から利用できる予定だという。なお最終的にはメタマスクのデフォルト機能として、2024年第1四半期(1~3月)までに全メタマスクユーザーが利用可能になる予定とのことだ。

ブロックエイドについて

ブロックエイドは、イスラエル軍のサイバー諜報部隊「8200部隊(Unit 8200)」の出身メンバーらで構成された2022年設立の企業だ。今年4月にはメタマスクと共同で、実験的なオプトイン機能としてNFTプラットフォームのオープンシー(OpenSea)に「セキュリティアラート」を導入している。導入以降は5億ドル(約756億円)相当の資産盗難を回避したとのこと。

またブロックエイドは、イーサリアム(Ethereum)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のX(旧Twitter)アカウントがハッキングを受けた際に、10万(約1,500万円)ドル以上の資産盗難の阻止に貢献したとのことだ。

コンセンシスによる直近の動き

10月にコンセンシスはweb3業界促進に向け、ブロックチェーンの微細構造に焦点を当てた機構設計会社であるスペシャルメカニズムグループ(Special Mechanisms Group:SMG)を買収している。

また8月には、ソリディティ(Solidity)スマートコントラクト自動解析ツール「ディリジェンス・ファジング(Diligence Fuzzing)」のオープンベータ版をアップグレードし、ソリディティ用の開発フレームワーク「ファウンドリー(Foundry)」のサポート開始を発表した。

ちなみにコンセンシスは6月にリブランディングを行い、ロゴの刷新と綴りを「ConsenSys」から「Consensys」へ変更している。

関連ニュース

参考:コンセンシス
images:iStocks/your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ