Multicoin Capital、暗号資産支持するPACに最大100万ドル相当のソラナ(SOL)を寄付すると表明

政治活動委員会へソラナで寄付

秋の米大統領選へ向け暗号資産業界関係者の寄付が相次いでいる。

大手暗号資産(仮想通貨)投資企業マルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)のマネージングパートナーであるカイル・サマニ(Kyle Samani)氏が、政治活動委員会(PAC)「センチネル・アクション・ファンド(Sentinel Action Fund)」に最大で100万ドル相当(約1.6億円相当)のソラナ(SOL)を寄付すると7月5日発表した。

「センチネル・アクション・ファンド」は、暗号資産に好意的な候補者を米国上院議員に選出するために活動しているPACだ。

マルチコイン・キャピタルは、米国における技術革新のために自由であるべきと認識している候補者を支援するために今回の寄付を決めたという。

具体的には、5日から14日の10日間にセンチネル・アクション・ファンドへ寄付されたソラナと同額を寄付するという。サマニ氏は「この期間にSOLで寄付してくれたら、私たちのマッチングにより、寄付の貢献度が2倍になる」と説明している。

センチネル・アクション・ファンドのWebサイトをみると、寄付は暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)サポートの下、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDCを含む複数の暗号資産でも受け付けられている。

またサマニ氏は今回、ソラナの新機能「ブリンク(Blinks:Blockchain links)」に言及。

ブリンクはソラナ財団(Solana Foundation)が、6月25日に発表した新機能だ。

同機能を使うことで、ユーザーはdApp(分散型アプリケーション)要らずで、ウェブサイトやソーシャルプラットフォームから直接オンチェーンの取引ができる。

「BlinksによってXから直接寄付できるようになった」とサマニ氏は述べていることから、利便性の高い同機能を持つソラナを選択した可能性がありそうだ。

またマルチコイン・キャピタルはVCとして、ソラナやIoTへのブロックチェーン活用を目指すヘリウム(Helium)などに投資してきた実績もある。

暗号資産企業によるPACへの寄付は続いている。 

今年5月から6月にかけて、米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)やリップル(Ripple)社、米大手ベンチャーキャピタル企業アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)らが、暗号資産業界に友好的な候補者を支援するスーパーPAC「フェアシェイク(Fairshake)」へ多額の寄付を行っている。

関連ニュース

参考:発表
images:iStock/Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored