マウントゴックス、債権者への弁済をBTCとBCHで実施

マウントゴックスが弁済を実施

暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が、債権者への弁済を実施したと7月5日報告した。

発表によればマウントゴックスは、一部の暗号資産取引所を通じて、債権者に対してビットコイン(BTC)およびビットコインキャッシュ(BCH)による弁済を行ったという。

また、他の再生債権者への弁済については、「再生債権者が登録したアカウント等の有効性の確認、指定仮想通貨取引所等による代理受領合意に関する承諾の意思表示、並びに再生管財人及び指定仮想通貨取引所等の間の弁済に関する調整等が完了し、安全かつ確実に弁済できることが確認でき次第速やかに実施する」とのことだ。

オンチェーン情報の追跡プラットフォーム「アーカム(Arkham)」の7月5日のデータによれば、マウントゴックスのコールドウォレットのアドレスから国内暗号資産取引所ビットバンク(bitbank)を含む複数箇所へ1,544.67 BTC(約136億円相当)および1,157.1 BTC(約102億円相当)の送金が確認されていた。(円換算の金額は記事執筆時点2024年7月8日11:25のもの)

マウントゴックス債権者の代理受領業者には、ビットバンクやSBIVCトレードが指定されている。

関連ニュース

参考:発表
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored