台湾モバイルがVASPライセンス取得、台湾で暗号資産取引所を開設可能に

台湾モバイルがVASPライセンス取得

台湾拠点の通信会社「台湾モバイル」が、同社子会社「フウセイデジタル(Fusheng Digital)」を通じて、同国の金融監督管理委員会(FSC)から暗号資産(仮想通貨)サービスプロバイダー(VASP)ライセンスを取得した。FSCが7月5日発表した。

今回のライセンス取得により、FSCの公式サイトにある暗号資産プラットフォーム事業者一覧に「フウセイデジタル」が掲載された。これにより同社は台湾でVASPライセンスを取得した26番目の企業になった。同ライセンス取得で「台湾モバイル」は、同国での暗号資産取引所の開設および運営が可能になったとのこと。

なお台湾でVASPライセンスを取得する為には、マネーロンダリング防止(AML)法遵守の届出を行っている必要がある。

FSCは台湾の暗号資産協会「台湾暗号資産ビジネス協会」を設立した複数の企業らに、暗号資産事業の自主規制団体「台湾VASP協会」の設立を要請。同団体は昨年3月に設立されている。

「台湾VASP協会」では、台湾における暗号資産規制の方向性として「自主規制基準」を策定しているとのこと。「自主規制基準」の策定については、単一の組織が主導するのではなく「台湾VASP協会」が代表として発信し、伝統的な金融セクターである銀行や保険、金融業者とコミュニケーションを行っていくとしている。

関連ニュース

参考:FSC
images:iStock/ivanmollov・Pict-Rider

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored