コンセンシスが「デリゲートツールキット」提供へ、MetaMaskのユーザー体験を再構築へ

Consensysがデリゲートツールキット発表

米コンセンシス(Consensys)が、同社提供のweb3ウォレット「メタマスク(MetaMask)」のユーザー体験再構築に向けたツールキット「デリゲートツールキット(Delegation Toolkit)」の提供予定を7月9日発表した。

同ツールキットを利用する開発者は、分散型アプリケーション(dApps)とプロトコルを新しい体験として再構築できるとのこと。これにより現在の複雑なユーザー体験を簡素化できるという。

「デリゲートツールキット」の特徴としては、ブラウザ拡張やモバイルアプリのダウンロード、シードフレーズの書き留めが不要とのこと。またポップアップや確認メッセージ、dApps及びウォレット間の切り替えも必要ないという。さらにガスレス取引やガスコストの再割り当てなどが可能となっている。

なおこのツールキットは、アービトラム(Arbitrum)、アバランチ(Avalanche)、ベース(Base)、リネア(Linea)、オプティミズム(Optimism)ポリゴン(Polygon)などのEVM(イーサリアムバーチャルマシン)チェーンで利用可能とのことだ。

「デリゲートツールキット」は現在、メタマスクのサイトから早期導入者を募集しており、開発者はウェイティングリストに登録することが可能だ。

コンセンシスは今月3日に、「メタマスク」のセキュリティ強化に向け、セキュリティエンジン提供のウォレットガード(Wallet Guard)を買収している。

これにより「メタマスク」にウォレットガードの機能が統合され、「メタマスク」でのスキャム検出やトランザクションの検証が改善するとされている。

関連ニュース

参考:コンセンシス
image:iStocks/Svetlana-Borovkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored