米コンセンシス、イーサリアム(ETH)規制めぐり米SECを提訴

コンセンシスがイーサリアム規制めぐり米SECを提訴

米コンセンシス(Consensys)が、イーサリアム(Ethereum)の規制に関連して、米SEC(証券取引委員会)に対して提訴したと4月25日発表した。

米コインベースグローバル(Coinbase Global)を含む業界の最大手の企業は、暗号資産は有価証券でないという理由で「SECに管轄権はない」と主張しており、この業界の規制は論争の的となっている。

コンセンシスの告訴状には、米国の市場監視当局が「コンセンシスや、おそらくその他企業に対する臨時の執行措置を通じてイーサ(ETH)を不法に規制しようとしている」と主張されている。

コンセンシスは、SECにはイーサリアムやイーサリアムブロックチェーン上に構築されたユーザー制御のソフトウェア・インターフェースを規制する法的権限がないという裁判所の確認を求めていると述べた。

SECは現在、暗号資産を規制していない。SECは、イーサリアムの現物価格を追跡しようとする複数のETF(上場投資信託)の申請を未だに承認していない。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Crypto firm Consensys sues US SEC over Ethereum regulation
(Reporting by Manya Saini in Bengaluru; Editing by Sriraj Kalluvila)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している