DEVプロトコルのFRAME00が2.5億円調達、gmjpやB Dash Venturesらから

DEVプロトコルのFRAME00が2.5億円調達

オープンソースの分散型ミドルウェアDEVプロトコルを開発するフレームダブルオー(FRAME00)が、今年8月末にプレシリーズAラウンドで2.5億円を調達していたことを10月26日に発表した。なお同社の累計の資金調達額は約3.1億円となったとのことだ。

同社は昨年4月にスイスのツーク州で新会社「Dev Null AG」を設立。「Dev Null AG」は新たな経営体制の下、プロトコルのガバナンスを強化するとともに、DAO(自律分散型組織)の実現への展開を加速していくことを目標としていた。そして今年5月に同社はDAOの開発キット「Clubs」を発表。「Clubs」は、「DEVプロトコル」をプロジェクトに組み込むことができるキットだ。

そして現在DEVプロトコルの開発者コミュニティは500名を超えているとのことだ。 

今回のプレシリーズAラウンドは、gmjpがリード投資家を務め、B Dash Ventures、スカパーJSAT、rikka、01Booster Capital が新たに株主に加わった。

なお今回調達した資金は、ノーコードDAOツール「Clubs」およびweb2とweb3を自在に接続する「Khaosオラクル」の開発と、パートナーエコシステムの拡大、スイスにおける事業展開の加速を主な資金使途として活用して行くという。

ちなみにフレームダブルオーは2020年5月にMonex Ventures、MIRAISE を引受先としたシードラウンドの資金調達を完了している。

参考:FRAMEoo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した