dApps開発支援「Bunzz」5.8億円調達、伊藤穣一のgmjp・アリーバ・セレス・コインチェック・DGダイワらから

「Bunzz」がシードラウンドで約5.8億円の資金調達

dApps(分散型アプリケーション)開発支援プラットフォーム「Bunzz(バンズ)」運営のBunzzが、シードラウンドにて総額450万ドル(約5.8億円)を資金調達したことを1月17日発表した。

このラウンドを主導したのは、伊藤穰一氏がジェネラルパートナーを務めるweb3ファンドのgmjpだ。

その他の投資家として、Arriba Studio(アリーバスタジオ)、セレス、コインチェックの「Coincheck Labs」、DG Daiwa Ventures(DGダイワベンチャーズ)、GMO Web3、グリーの「GREE Ventures」、Hyperithm(ハイパーリズム)、mint(ミント)、Spiral Ventures(スパイラルベンチャーズ)、01Booster Capital(ゼロワンブースターキャピタル)が参加している他、個人投資家としてKotaro Tamura氏、Kazutaka Mori氏も出資参加している。

「Bunzz」は、dAppsに必須なプログラム「スマートコントラクト」の開発を支援するプラットフォームだ。NFTやDeFi、DAOなど、web3関連サービスの開発に利用されるスマートコントラクトをモジュール化し、dApps開発者に広く提供することで、高度な知識が必要とされてきたweb3領域への参入障壁を低くすることを目指している。

「Bunzz」によると、dAppsの開発には従来のフロントエンドやバックエンドの技術に加えて「スマートコントラクト」が必須だが、その開発難易度が高いことやセキュリティの担保が難しいことが課題だという。

そこで「Bunzz」では、利用頻度の高いコントラクトをモジュール化して提供し、ノードの準備や開発環境の立ち上げもプロダクトのバックエンド側でカバーすることで、今まで複雑だった開発工程を簡素化する。これによりdApps開発の難易度が劇的に下がるという。

「Bunzz」は発売から11ヶ月で8,000人以上のdApps開発者に利用されており、3,000以上のdAppsプロジェクトが「Bunzz」からブロックチェーン上にデプロイされているとのことだ。

なお「Bunzz」同様のサービスとして、オープンソースのライブラリである「Open Zeppelin(オープンゼェッペリン)」があるが、利便性が異なるとのこと。「Open Zeppelin」はコードがあくまでライブラリであり、開発環境やノードが必要なためすぐにデプロイできないというが、「Bunzz」のモジュールはGUI(グラフィカルユーザインタフェース)だけでデプロイできることが特徴だ。

なお「Bunzz」はCoinbase(コインベース)発行のweb3開発インフラストラクチャのカオスマップに掲載されている他、昨年10月に福岡で開催された「B Dash Crypto」の「web3 pitch」にて優勝もしているプロジェクトだ。

Bunzz Co-FoudnerでCEOの圷(あくつ) 健太氏は発表で以下のようにコメントしている。

「Bunzzは最終的に『web3版github』の実現を目指しています。ブロックチェーン上のコントラクトは誰でもパーミッションレスにアクセス・利用が可能であることから、『公共財』とも呼ばれるオープンなプログラムですが、利用フローや動作のロジックが必ずしも明示的でないため、再利用したいエンジニアにとっては依然不便なものです。Bunzzではトークノミクスを実装することで、スマートコントラクトモジュールのクリエイターがより精度の高いコーディングとドキュメントを作成するインセンティブをデザインし課題解決を目指すと共に、Bunzzで利用できるコントラクトの数も指数関数的に増加することで『web3版github』と呼ばれるような、web3エンジニアの必須インフラへ成長させていきたいと考えています」

Bunzz 代表取締役の圷健太氏

関連ニュース

「B Dash Crypto」web3ピッチ優勝は「Bunzz」、準優勝は「0XDEBE」(B Dash Camp 2022 Fall)

【取材追記】コインチェックがWeb3スタートアップ支援を開始、アスター(ASTR)のステイクに出資

取材】日本発NFTFiプロトコルのUnUniFi、gumi Cryptosやコインチェックらから約2.5億円調達

日本法人のトークン発行等サポートする「BOBG」、アリーバ・DJT・石川駿らから資金調達

GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任

参考:バンズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored