シャンパンメーカーら、「WineChain」でNFT計画

シャンパンメーカーら、WineChainでNFT計画

大手仏シャンパンメーカー3社が、高級ワインのNFTプラットフォーム「ワインチェーン(WineChain)」で「wiNeFT」を販売することに合意した。「WineChain」が2月2日に発表している。

このシャンパンメーカー3社は、ルイ・ロデレール(Louis Roederer)、フルール・ド・ミラヴァル(Fleur de Miraval)、アンリ・ジロー(Henri Giraud)だ。

「wiNeFT」は現物ワインの価値をデジタル化したものである。「WineChain」の安全な倉庫に保管されているワインのボトルやケースは、NFTの裏付けとなっているようだ。

「WineChain」では、人気あるワインエステート(Wine Estate)から「wiNeFT」を直接購入することで、高級ワインをオンラインで購入、販売、保管する際に、最小限のカーボンフットプリントで完璧な出所を確保できるとしている。また多くの場合、従来の市場に出回る前にワインをNFTとして購入できるようだ。

「WineChain」はブロックチェーンを用いて追跡可能な証明タグでボトルを認証する以外にも、ワイナリーの顧客リスト、保管・物流施設、持続可能なデジタル取引へのアクセスをワインメーカーに提供しているとのこと。

なお「WineChain」は、元アマゾン・ヨーロッパ代表のグザビエ・ガランボア(Xavier Garambois)氏、シャトー・ド・ボーカステルのマーク・ペラン氏、ヴィタベラ(VitaBella)CEOのギョーム・ジュルダン(Guillaume Jourdan)氏、ワインチェーンのサンフランシスコ・パレート・クラブ(San Francisco Palate Clu)CEOのニコラ・メンディハラ氏の4人の専門家によって2022年4月に発足している。

最初の「wiNeFT」がドロップされるのは今年の早い時期とされている。

なお上記シャンパンメーカーの他に「wiNeFT」をドロップできる初期メンバーとして、以下のワインハウスが「WineChain」から発表されている。

・ワイナリー エゴン ミュラー (ドイツ)
・シャトー・ド・ボーカステル(フランス)
・コスデストゥルネル(フランス)
・シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド(フランス)
・シャトー・スミス・オー・ラフィット(フランス)
・ドメーヌ・ヴァンサン・ジラルダン(フランス)
・ドメーヌ・ディディエ・ダグノー(フランス)
・トリンバック(フランス)
・ロベルト・ヴォエルツィオ(イタリア)
・チェレット(イタリア)
・パルッソ(イタリア)
・グラハム(ポルトガル)

またボルドーで最も高価なワインのペトリュスを所有するムエックス家の企業ヴィドロ(Videlot)が、「Winechain」の少数株主として、資本参加している。

なおWineChainがどのブロックチェーンを採用しているかは明らかになっていない。

関連ニュース

参考:LedgerinsightsWinechain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/5PH・sumkinna

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も