NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

「キャプテン翼」のNFTプロジェクトが公開

『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクトの詳細が2月7日公開された。

なおこのプロジェクトは国内ブロックチェーン関連企業ダブルジャンプトウキョウ(doublejump.tokyo:DJT)と『キャプテン翼』に関するライツ事業を手掛けるTSUBASA共同によるものだ。「世界中のファンと一緒にプロジェクトを盛り上げていくNFTならではの企画」として昨年7月に始動が発表されていた。

発表によるとこのプロジェクトで販売される「TSUBASA NFT」を購入しSBT化すると、『キャプテン翼』原作者である高橋陽一先生の描き下ろしイラスト入りの限定オリジナルサッカーボール(現物)が送られるという。

このボールは国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンを通じて世界12ヶ国(ケニア、エチオピア、ウガンダ、フィリピン、カンボジア、ベトナム、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、イラク、シリア、ヨルダンを予定)の子どもたちに贈られるとのこと。なお送料については購入者負担となる。

「TSUBASA NFT」について

「TSUBASA NFT」は『キャプテン翼』の要素が盛り込まれた、完全オリジナルのNFTコレクションだ。必殺技、名シーン、そしてパラメーターが組み合わされたジェネレートNFTだという。 NFTの主役であるボールに数々の名シーンがあしらわれ、マーケットプレイス上でボールを360度回転させて鑑賞することができるという。

また「TSUBASA NFT」はNFTとしてコレクションすることも、マーケットプレイス上で流通させることも、ソウルバンドトークン(SBT)化することも選べる。SBTとは「他のアカウントに移転・譲渡のできないNFT」であり、SBT化したものは二次流通不可の永久証明のような存在として扱われる。

前述したようにこのSBT化をすることにより、限定サッカーボールが購入者自身に届くとのこと。

またSBT化第2弾以降の特典として、限定オリジナルグッズの購入権利を得ることが可能になるという。ただし「TSUBASA NFT」から入手できる特典は1種類のみになるとのこと、そのため第2弾の特典を得るために第1弾のサッカーボールを見送るなどをすることも必要になるようで、リリースでは「SBT化するタイミングも楽しみの1つ」と説明がされている。

ただしNFTの販売スケジュールなどは今回発表されていない。今後のプロジェクトに関する情報は、公式Twitterから随時発信していくとのことだ。

またプロジェクト公開にあわせ、TSUBASA NFT「翼と岬のツインシュート」やTSUBASA NFT 優先購入権(Allow List)がプレゼントされるTwitterキャンペーン「TSUBASA SOCIAL STADIUM」を実施するとのことだ。

なお『キャプテン翼』に関するブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」が1月11日13時よりサービスを開始している。ゲーム開発企業Thirdverse(サードバース)のブロックチェーンゲーム子会社SWORD(ソード)とソーシャルゲーム開発企業KLab(クラブ)のweb3子会社BLOCKSMITH(ブロックスミス)が開発、運営している。

関連ニュース

ダブルジャンプ、Oasys(OAS)のL2「HOME Verse」を正式稼働
【取材】ダブルジャンプ、約30億円を株式で調達
【取材】ダブルジャンプ、web3ファンド発表
【取材】ダブルジャンプとアスター(ASTR)が提携、NFTコンテンツ展開へ
web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考公式サイト

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない