英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道

レボリュートが欧州顧客にステーキングサービス提供か

英フィンテック企業レボリュート(Revolut)が、英国および欧州経済領域(EEA)のユーザー向けに暗号資産(仮想通貨)のステーキングサービスを提供する予定だと、英フィンテックメディアAltFi(アルトファイ)が2月6日報じた。

報道によると同サービスでサポートされる暗号資産はポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)、カルダノ(ADA)、イーサリアム(ETH)の4銘柄とのこと。 利回りについては11.65%から2.99%の範囲になるようだ。

またこのサービスは現状ソフトローンチしており、今週中に正式ローンチがされるとも報じられている。

ステーキングとは

ステーキングとは、「バリデーター」と呼ばれるユーザーが、対象となる暗号資産を一定量保有(ロック)することで取引記録のブロック生成プロセスに参加し、報酬を得る行為のこと。

暗号資産取引所などの企業が一般ユーザー向けに提供するステーキングサービスでは、ユーザーからトークンをプールに集め、ネットワークにまとめて預け入れる形式をとる。そのためステーキング参加に本来必要な暗号資産保有量を持たないユーザーでも、少額でステーキング報酬が得られる仕組みになっている。

なおステーキングは、コンセンサスアルゴリズムの「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンで実行が可能となっている。コンセンサスアルゴリズムとは、暗号資産のブロックチェーンのブロックを追加する際の合意形成のアルゴリズムである。

関連ニュース

英レボリュートがソフトバンクらから約880億円の資金調達、1年で企業価値が約5倍

イギリスのユニコーン企業Revolut(レボリュート)がアメリカ進出を目指しPaxos(パクソス)と提携

【取材】米ビットコインマイニング企業Bit Digital、イーサ(ETH)ステーキング事業開始 

コンセンシス、イーサ(ETH)ステーキング機能「MetaMask Staking」リリース

ソフトバンクら出資「Blockdaemon」、ステーキングと米国暗号資産規制を語る(Konstantin Richter / Chris Sharp) 

参考:AltFi
デザイン:一本寿和

images:iStock/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない