【取材】ダブルジャンプとアスター(ASTR)が提携、NFTコンテンツ展開へ

ダブルジャンプとアスターが提携、NFTコンテンツ展開へ

NFT事業⽀援などを⾏うdouble jump.tokyo(DJT)が、パブリックブロックチェーンでアスターネットワーク(Astar Network)とパートナーシップを締結したことが3月23日に分かった。両社はIPやNFT領域で、エコシステム拡⼤のため協業していくという。

DJTのNFT関連の実績としては、手塚プロダクションの「From the Fragments of Tezuka Osamu」、スクウェア・エニックス「資産生ミリオンアーサー」や書道家武田双雲氏の「Crypto双雲」などがある。

アスターネットワークは、日本人起業家の渡辺創太氏がCEOを務るシンガポール拠点の企業のステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発するブロックチェーン。アスターネットワークは、ポルカドット(Polkadot)のパラチェーンとして昨年12月に3番目に接続が完了したプロジェクトだ。先日米ナスダック上場の大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)より資金調達したことも話題だ。

DJTがアスターネットワークとの提携に至った背景には、ブロックチェーンの成⻑速度、コミュニティの盛り上がり、Gas代(⼿数料の安さ)、環境への配慮等の要因があるようだ。

今後DJTはチェーン選定の中でアスターネットワークを主要なパブリックチェーンの1つとし、IPを活⽤した様々なNFTコンテンツを展開していく予定だという。 アスターネットワーク上での具体的なNFTプロジェクトに関して近⽇中に公開するとのことだ。 またDJTとしてアスターネットワークのバリデータ(コレーター)の運⽤を⾏い、ネットワークの地理的分散性にも貢献していく予定とのこと。

「あたらしい経済」編集部はdouble jump .tokyo代表取締役CEOの上野広伸氏へ取材を行った。

−−NFTをプロデュース側の観点で、いまイーサリアムではなく、その他のチェーンでNFT発行をする意義について説明してもらってもよろしいでしょうか?

プロデュースするNFTコンテンツに応じて適材適所にチェーン選定することが重要だと考えています。 その中で、環境への配慮はもちろんのこと、Polkadot基盤のEVMパブリックチェーンの将来性、日本の若い世代が世界で勝負しているストーリー等を鑑みて、非常に有望なNFT発行先としてAstar Networkを評価しております。

−−またAstar NetworkでのNFT発行に関して、期待していることはなんでしょうか?

Astar Networkを利用することで、新たなコミュニティとの繋がりに期待しています。 日本発のチェーンでDJTがプロデュースするNFTコンテンツの魅力を、国内外の多くの皆様に届けたいと考えています。

images:iStocks/pgraphis
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。