アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望

アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望

アイルランド中央銀行総裁が、若年層を対象とした暗号資産(仮想通貨)の広告を禁止するよう1月25日に議員らに要請した。また中央銀行総裁は、原資産にリンクしていない暗号資産をねずみ講(ポンジスキーム)になぞらえた。

暗号資産を長年批判してきたアイルランド中央銀行総裁のガブリエル・マクロフGabriel Makhlouf)氏は「今のところ暗号資産は金融安定化へのリスクは小さいが、アイルランドの規制当局は個人顧客に対する影響を非常に懸念している」と伝えている。

そしてマクロフ氏は「暗号資産に資金を投入している若年層はそれなりに多く、その層をターゲットにした広告が不快なレベルで存在している。もし方法があれば、その層への広告を禁止することを願いたい」とアイルランドの議会委員会で語った。

さらにマクロフ氏は「裏付けのない暗号資産は、本質的にはねずみ講だろう… つまり裏付けのない暗号資産に資金を投入する人は、本質的にギャンブルをしていることになる」とし、「ギャンブルをすると勝つこともあるが、ギャンブルをすると実は負けることがほとんどである」と伝えた。

また欧州中央銀行の理事でもあるマクロフ氏は「最近合意されたEUの規制は、安定した価値を保持するように設計された暗号資産の一種であるステーブルコインに必要な規制ルールを提供するが、将来的にはさらなる規制が必要となる可能性が高い」と述べた。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
(Reporting by Padraic Halpin; editing by Jonathan Oatis)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も