スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、

「Cité Gestion」、株式トークン化サービス提供へ

銀行向けデジタル資産インフラ提供トーラス(Taurus)とスイスのプライベートバンクのシテ・ジェスチョン(Cité Gestion)が、株式のトークン化サービスの提供予定を1月24日に発表した。

プライベートバンクとは、富裕層に特化して金融サービスを提供する金融機関を指す。

なお株式のトークン化はイーサリアム上で行われる。

またシテ・ジェスチョンによるトークン化は、スイスのジュネーブに本部を置く非営利団体CMTA(Capital Markets and Technology Association)が定める基準に従って行われるという。

そしてトークン化のプロセスは、トーラスのプラットフォーム「トーラスキャピタル(Taurus-CAPITAL)」を使用して数分で実行できるとのことだ。具体的にトークン化は、公開証券のトークン化に特化したオープンソースのスマートコントラクト「CMTAT」をCMTAが使用して作成しイーサリアムに記録するという。

シテ・ジェスチョンの副CEOであるクリストフ・ユテリ(Christophe Utelli)氏は「シテ・ジェスチョンでは、資本市場における技術の進歩、特に分散型台帳技術がこの分野にもたらす合理化・効率化の大きな可能性を、お客様に最大限に活用していただくことをビジョンとしています。当行にとって、スイスの法律が提供する証券のデジタル化という新しい可能性を、自社株のトークン化によっていち早く利用することは重要なことでした。オープンソースで業界がサポートする堅牢なフレームワークであるCMTA標準は、トークン化のための自然な選択でした。トーラスとCMTA標準の適用により、適切なリスク管理のフレームワークがプロセスの中心にあることが保証されます」とコメントしている。

トーラスの共同創業者兼マネージングパートナーであるセバスチャン・デシモズ(Sebastien Dessimoz)氏は「シテ・ジェスチョンから株式のトークン化を委託されたことを嬉しく思います。私たちは昨年、15社のトークン化に携わり、幅広い種類の証券を扱ってきました。そのうちの半数近くは、機関投資家や規制当局の機関投資家によるものです。2023年には業界は一変すると考えており、私たちは民間企業の動きをサポートする準備が整っています」と伝えている。

参考:シテ・ジェスチョン
images:iStocks/Ninja-Studio・YiuCheung

デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ