イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始

Optimismが4回目のOPトークンのエアドロップを開始

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ソリューションであるオプティミズム(Optimism)上にて、同ネットワークのガバナンストークン「OP」の4回目のエアドロップが開始されたことが2月21日に発表された。

今回のエアドロップの対象となったのは、オプティミズム基盤のブロックチェーンネットワークである「スーパーチェーン(Superchain)」上およびイーサリアムのメインネット上でNFTを作成したクリエイターおよびアーティストだ。

NFTの作成がエアドロップの対象となるよう認められた「スーパーチェーン」は、OP Mainnet、Base、Zoraの3つで、イーサリアムも含めていずれも消費されたガス代をもとに「OP」の配布枚数が決定されたという。

作成したNFTの特性の数や、作成した時期、現在でもアクティブなアドレスであるかなど、他のいくつかの条件によっても獲得できるトークンの枚数は変わるとのこと。

なお正確なエアドロップの基準は、オプティミズムのエアドロップに関するドキュメントから確認可能だ。

またエアドロップの請求はオプティミズムの公式サイトから可能。ただし、フィッシング用の偽サイトも確認されているため注意が必要だ。

なお今回配布された「OP」の総量は約1,034万枚であり、約2.2万のアドレスに割り当てが行われたとのことだ。

オプティミズムでは、最終的にOP総供給量の19%がエアドロップによってユーザーに配布される予定。総供給量は4,294,967,296OPとなっており、初回は214,748,364.8OP、2回目は11,742,277.10OP、3回目は19,411,313OP、4回目は10,343,757.81OPが配布された。つまり今回で総供給量の約5.97%のOPが配布されることになる。

なお「スーパーチェーン」とは、オプティミズムの技術を使った技術に基づいたブロックチェーン開発用ソフトウェア「OPスタック(OP Stack)」を用いて作成したブロックチェーンのことだ。

「OPスタック」を採用することで開発者は簡単にオプティミスティックロールアップを採用したL2ブロックチェーンを作成することが可能だ。

関連ニュース

参考:オプティミズムドキュメント
images:iStocks/Aramyan

関連するキーワード

#OP

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資