サークル「USDC」、Base・Cosmos・NEAR・Optimism・Polkadot・Polygon対応へ

USDCが新たに6つのブロックチェーンに対応へ

米サークル(Circle Internet Financial)発行の米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」について、新たに対応する6つのブロックチェーンが8月23日発表された。

同社は21日、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)と共に「USDC」に関する新たな取り組みについて発表。その中で9月から10月にかけて「USDC」を新たに6つのブロックチェーンでネイティブ展開することを併せて発表していた。

今回の発表によると「USDC」は、9月中にBase(ベース)、Cosmos via Noble(コスモスエコシステム)、NEAR(ニア)、Optimism(オプティミズム)、Polkadot(ポルカドット)に対応し、10月にPolygon PoS(ポリゴン)へ対応するとのことだ。

「USDC」は現状でEthereum(イーサリアム)、Solana(ソラナ)、Algorand(アルゴランド)、Avalanche(アバランチ)、Hedera(ヘデラ)、TRON(トロン)、Stellar(ステラ)、Flow(フロウ)、Arbitrum One(アービトラムワン)の9つのブロックチェーンにおいてネイティブサポートされている。

そのため今年10月には、15のブロックチェーンにて「USDC」がネイティブトークンとして流通することになる。

なおサークルは、「USDC」をネイティブのまま各ブロックチェーン間を転送する「クロスチェーン転送プロトコル(Cross-Chain Transfer Protocol:CCTP)」をイーサリアム・アバランチ・アービトラムの3つのブロックチェーンに対応させている。

今回の発表によると残りの12のブロックチェーンについても「CCTP」に対応させると、サークルは今回の発表で明言している。

なおコスモス(Cosmos)ネットワークのエコシステムにおいては、トークン発行プロトコルのノーブル(Noble)を介して、「USDC」のネイティブ対応がされる予定である。

関連ニュース

参考:サークル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lari-Bat

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した