コインベースの独自レイヤー2「Base」、メインネット正式ローンチ

Baseがメインネット正式ローンチ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、レイヤー2ブロックチェーン「ベース(Base)」のメインネットを全ユーザーに向けて公開したことを8月9日に発表した。

「ベース」はテストネットを今年2月に公開、7月には開発者向けにメインネットをローンチしていた。同ネットワークにはすでに100以上のプロジェクトが公開されている。

今回の正式ローンチがされるまで「ベース」では出金のブリッジが制限されており、入金のみが許可されていた。しかし今回の正式ローンチにより双方向のブリッジが可能になった。

またコインベースは、メインネットローンチを祝してオンチェーンイベントの「オンチェーンサマー(Onchain Summer)」を開催している。

「オンチェーンサマー」はオンチェーン・アート、カルチャー、音楽、ゲームなど、「ベース」を基盤に行われる数週間の祭典だという。

同イベントには、世界最大の清涼飲料水メーカーであるコカ・コーラ(Coca-Cola®)、米ビデオゲーム会社アタリ(Atari)、大手NFTマーケットプレイスのオープン・シー(OpenSea)、そして50以上の企業、アーティスト、クリエイターが参加し、8月9日から開催されるとのことだ。

コインベースは「オンチェーンサマー」の特設サイトを開設しており、同サイトにてイベントの全ラインナップや日程を確認できるとのこと。

また同イベントでは、コインベース提供のコインベースウォレット(Coinbase Wallet)にて、友人やクリエイターとメッセージのやり取りや、Twitter(X)スペースでブランドやクリエイターから話を聞けたりするとのことだ。

「ベース」は、「オプティミズム」に続きオープンソースモジュールの「OPスタック(OP Stack)」を採用したイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ネットワーク。ネットワークトークンの発行予定は無く、ガス代(トランザクションフィー)としてはETH(イーサ)を使用する。

8月8日には大手DEX(分散型取引所)のユニスワップ(Uniswap)が、「ユニスワップ v3(Uniswap v3)」を同ネットワーク上でローンチしている。

関連ニュース

参考:コインベースブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Liudmyla-Lishchyshyna

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催