米コインベース、「Coinbase Wallet」にメッセージング機能を追加

コインベースがウォレットにメッセージング機能を追加

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)提供の「コインベースウォレット(Coinbase Wallet)」において、ウォレット間でのメッセージング機能がサポート開始された。コインベースが7月13日発表した。

発表によるとこの機能は、web3用のメッセージングプロトコル「XMTP(Extensible Message Transport Protocol)」を用いて実装されているという。これによりウォレット間で完全に暗号化されたメッセージングを用いたチャットが行えるとのこと。

またチャット画面から簡単にポリゴン(Polygon)上のUSDCを、ガス代を支払うことなく簡単に送金することも可能になっている。

現在この機能が利用できるのは、DeFi(分散型金融)のアーベ(Aave)が開発する分散型SNS構築サービス「レンズ・プロトコル(Lens Protocol)」の利用者が「コインベースウォレット」に「.lens」アカウントを認証させた場合と、「コインベースウォレット」の公式ツイッターに投稿されたプロモーションビデオ内のQRコードを読み込んだ「コインベースウォレット」ユーザーに限定されている。

「あたらしい経済」編集部が実際に試したところ、QR読み込みによるメッセージング機能の取得は「コインベース」ウォレットをダウンロードしたうえで、通常のカメラアプリで当該QRコードを読みウォレットを起動することでメッセージング機能の画面が表示される。以降は資産画面の右上にメールBOXアイコンが表示されるようになるため、そこからメッセージング機能の利用が可能になる。

メッセージが送信できるのは、「イーサリアムネームサービス(ENS:Ethereum Name Service)」の「.eth」や「cb․id」、またはレンズ・プロトコルの「.lens」などのドメインアドレスのうち、送信先のユーザーがコインベースウォレットや他の「XMTP」互換ウォレットに登録したアドレスのみとなる。

なおコインベースウォレットで受け取ったメッセージは、複雑な手順を必要とせず、「レンズ・プロトコル」上のオーブ(orb)やレンスター(Lenstar)などの「XMTP」を統合したほかのソーシャルアプリに安全にインポートできるとのことだ。

「ENS」は、複雑な文字列から構成される暗号資産のウォレットアドレスを認識しやすい「任意の文字列」と紐付けることができるイーサリアムブロックチェーン基盤のアドレスネーミングサービスだ。インターネットにおけるDNS(Domain Name System)のようなサービスである。

コインベースは昨年9月に同社オリジナルの「ENS」である「cb.id(Coinbase Decentralized ID)」の提供を開始している。「ENS」のうち最も一般的な「.eth」を用いたユーザーIDの取得は有料であるものの「cb․id」はコインベースウォレットから無料で取得可能となっている。

関連ニュース

    参考:コインベース
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/monkeybusinessimages

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    田村聖次

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    和歌山大学システム工学部所属
    格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
    SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

    合わせて読みたい記事

    【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

    東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達