コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

コインベースウォレットがソラナDAppsに対応

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、同社提供のコインベースウォレット(Coinbase Wallet)をソラナ(Solana/SOL)のDApps(分散型アプリケーション)に対応させたことを8月23日に発表した。

これによりコインベースウォレットを利用するユーザーは、ソラナ上で稼働する分散型金融(DeFi)やゲームなどにウォレットを接続できるようになった。

なおソラナベースのNFT対応については、今回のリリースでは説明されていない。

コインベースウォレットは、今年3月よりソラナネットワークへの対応を開始しており、ユーザーはコインベースウォレットで、暗号資産ソラナ:Solana(SOL:ソル)及びSPLトークンの入出金と管理ができるようになった。

なおコインベースウォレットは現在、イーサリアム(Ethereum)やBNBチェーン(BNB Chain)、アバランチ(Avalanche)、ポリゴン(Polygon)などにも対応している。

関連ニュース

米コインベース提供のウォレット、ソラナ(SOL)のネットワークに対応

webブラウザ「Brave」のウォレット、ソラナのDAppsに対応

コインベースウォレットがポリゴンに対応

米コインベース、ソラナ(SOL)ステーキング提供開始

米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored