米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に

米コインベースがポリゴンとソラナ対応へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、効率的な暗号資産の送受信を可能にする為、新たにポリゴン(Polygon)とソラナ(Solana)のブロックチェーンを来月に追加することが6月24日分かった。

コインベースのユーザーは今回のポリゴンとソラナのブロックチェーンの対応により、ポリゴンベースのETH、MATIC、USDCが送受信でき、またソラナベースのUSDCも送受信が可能になったとのことだ。

同様のことを行おうとすると、これまでユーザーは取引所で暗号資産を取得後、それをノンカストディアル型のウォレットに送信し、ブリッジプロトコルを利用して暗号資産を別のチェーンに移行する必要があった。

しかし今回の対応によりコインベースのユーザーはポリゴン・ソラナに準拠したトークンが得られるようになった為、DeFiを利用せずガス代を節約しながら簡単にポリゴンとソラナのネットワークで直接資金を移動させることが可能となる。なおネットワーク内で暗号資産を移動するには、ガス代としてそれぞれMATICとSOLが必要だ。

関連ニュース

米コインベースでTIME、DEXT、DREP、JUP、MUSE上場へ

米コインベースでDYP、ALEPH、HOPR、MATH、PRQ、ELA上場へ

米コインベース、「Forta(FORT)」上場へ

米コインベースでDAR、POND、ATA、FIS上場へ

米コインベース、「Wrapped Ampleforth(WAMPL)」と「Index Cooperative(INDEX)」上場へ

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達