【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナがweb3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。

ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。

「Saga」は、6.6インチのディスプレイと512GBのストレージを搭載したアンドロイド(Android)のスマホだ。「Solana Mobile Stack」や「Seed Vault」などの機能やプロトコルも搭載されるとのこと。

「Solana Mobile Stack(SMS)」は分散型アプリを利用可能にするためのアンドロイド用オープンソースソフトウェアツールキットであり、「Seed Vault」は秘密鍵をウォレット、アプリ、Android OSから分離して保管しながら取引の即時署名を容易にするカストディプロトコルとのことだ。

なお「Solana Mobile Stack」は、6月24日より利用可能だ。また決済アプリ「Solana Pay」やアプリ配信システムの「Solana dApp Store」は、「Solana Mobile Stack(SMS)」に組み込まれているとのことだ。

Solanaの共同設立者アナトリー・ヤコヴェンコ(Anatoly Yakovenko)氏は、次のようにコメントしている。

「開発者はあまりにも長い間、既存のゲートキーパーモデルが機能しないために、真に分散化されたモバイルアプリの作成を阻まれてきました。私たちはモバイルデバイスを使い生活していますが、web3領域においては秘密鍵管理に対するモバイル中心のアプローチがありません。Solana Mobile Stackは、オープンソースで安全、かつweb3に最適化され、使いやすいSolanaの新しい道を示しています」

なお「Saga」は、当初はアメリカ、カナダ、EU、イギリスで販売開始される予定とのことだ。

加筆:6月24日16時

Solana Foundationのビジネストップを務めるドミニク氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、Solana FoundationのHead of Businessを務めるドミニク・ツァン(Dominic Tsang)氏へ取材を行った。

−−他の暗号資産プロジェクトは独自スマートフォンを開発する予定はありませんが、なぜソラナはスマートフォンが必要だと考えたのでしょうか?

ソラナがスマートフォンを必要としているわけではありません。ブロックチェーン業界が世界的な普及、あるいは次のレベルの普及を目指すのであれば、モバイル業界への参入が必要なので、私たちは参入します。

現在、GoogleやAppleのようなゲートキーパーは、彼らのデバイス上での分散型アプリ(dApps)をそれほどサポートしていません。

その上、今日、すべての人が行うインタラクションのほとんどはモバイル上で行われています。暗号資産市場のユーザーがデスクトップに留まるのは、もう限界だと思います。

−−スマホに関して、日本展開の予定はありますか?

スマホを日本で展開することも考えてはいますが、今のところ、まずアメリカからスタートして徐々に展開していく予定となっています。アメリカでの結果次第で、徐々に拡大していく予定です。

web3スマホは、まったく新しいカテゴリーのプロダクトです。だから無理はしませんし、急ぐこともありません。

参考:ソラナ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eskymaks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道