【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナがweb3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。

ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。

「Saga」は、6.6インチのディスプレイと512GBのストレージを搭載したアンドロイド(Android)のスマホだ。「Solana Mobile Stack」や「Seed Vault」などの機能やプロトコルも搭載されるとのこと。

「Solana Mobile Stack(SMS)」は分散型アプリを利用可能にするためのアンドロイド用オープンソースソフトウェアツールキットであり、「Seed Vault」は秘密鍵をウォレット、アプリ、Android OSから分離して保管しながら取引の即時署名を容易にするカストディプロトコルとのことだ。

なお「Solana Mobile Stack」は、6月24日より利用可能だ。また決済アプリ「Solana Pay」やアプリ配信システムの「Solana dApp Store」は、「Solana Mobile Stack(SMS)」に組み込まれているとのことだ。

Solanaの共同設立者アナトリー・ヤコヴェンコ(Anatoly Yakovenko)氏は、次のようにコメントしている。

「開発者はあまりにも長い間、既存のゲートキーパーモデルが機能しないために、真に分散化されたモバイルアプリの作成を阻まれてきました。私たちはモバイルデバイスを使い生活していますが、web3領域においては秘密鍵管理に対するモバイル中心のアプローチがありません。Solana Mobile Stackは、オープンソースで安全、かつweb3に最適化され、使いやすいSolanaの新しい道を示しています」

なお「Saga」は、当初はアメリカ、カナダ、EU、イギリスで販売開始される予定とのことだ。

加筆:6月24日16時

Solana Foundationのビジネストップを務めるドミニク氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、Solana FoundationのHead of Businessを務めるドミニク・ツァン(Dominic Tsang)氏へ取材を行った。

−−他の暗号資産プロジェクトは独自スマートフォンを開発する予定はありませんが、なぜソラナはスマートフォンが必要だと考えたのでしょうか?

ソラナがスマートフォンを必要としているわけではありません。ブロックチェーン業界が世界的な普及、あるいは次のレベルの普及を目指すのであれば、モバイル業界への参入が必要なので、私たちは参入します。

現在、GoogleやAppleのようなゲートキーパーは、彼らのデバイス上での分散型アプリ(dApps)をそれほどサポートしていません。

その上、今日、すべての人が行うインタラクションのほとんどはモバイル上で行われています。暗号資産市場のユーザーがデスクトップに留まるのは、もう限界だと思います。

−−スマホに関して、日本展開の予定はありますか?

スマホを日本で展開することも考えてはいますが、今のところ、まずアメリカからスタートして徐々に展開していく予定となっています。アメリカでの結果次第で、徐々に拡大していく予定です。

web3スマホは、まったく新しいカテゴリーのプロダクトです。だから無理はしませんし、急ぐこともありません。

参考:ソラナ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eskymaks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored