暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

レジャーがNFTマーケットプレイス「Ledger Market」発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledge)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

Ledger Op3n カンファレンスで話す Pascal Gauthier CEO

レジャーが立ち上げるNFTマーケットプレイスの名称は「Ledger Market」で、誰でもNFTをシームレスかつ安全に作成、保存、配布できる新しいパブリックブロックチェーンに対応したプラットフォームであるとのこと。

なお当初は「ブリック/バビロン(Brick/Babylon)」やLVMHの「タグホイヤー(Tag Heuer)」、「デッドフェラズ(DeadFellaz)」、「アーティファクト(RTFKT)」らが、NFTパートナーになることも発表された。レジャーの日本担当者に確認したところ、今後さらにパートナーアーティストは増え、先々は一般のユーザーもNFTが発行できるようになる予定とのことだ。

「Ledger Market」

なお「Ledger Market」では、独自のNFTである「GENESIS PASS」が今年の夏に発行される予定だ。ユーザーはこのマーケットパスであるNFTを入手することで、限定版ハードウェアウォレット「black-on-black Nano X」を利用して、将来「Ledger Market」で発行されるNFTに早期アクセスができるようになるとのこと。

「GENESIS PASS」は10,000個限定で発行され、現在公式サイトではウェイティングリストに登録することが可能だ。なお登録には、自身のウォレットに0.1337ETHが入っていることと、レジャーの公式Twitterをフォローすることが必要になっている。

web3ファンド、クレジットカード、ソフトウェアウォレットなど発表

またレジャーは、レジャーのハードウェアウォレットをWeb3サイトおよびアプリに直接安全に接続するブラウザ拡張機能/ソフトウェアウォレットの「Ledger Connect」、そしてSANDBOXと共同でweb3についての知識を学びながらNFTも獲得できるPlay to earnプラットフォーム「Ledger Quest」も合わせて発表した。

「Ledger Connect」

さらにレジャーとベンチャーキャピタルのCATHY INNOVATIONが共同で、1.1億ドルのweb3企業に投資するファンドを設立も発表。

またレジャーのセキュリティを活用した世界初の暗号資産を決済手段としたクレジットカードを数週間以内にイギリスで、2022年夏にはアメリカでのベータ版提供を開始することも発表した。

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事