米コインベースでDYP、ALEPH、HOPR、MATH、PRQ、ELA上場へ

米コインベースで6銘柄上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産ディファイイールドプロトコル:DeFi Yield Protocol(DYP)、アレフドットアイエム:Aleph.im(ALEPH)、ホッパー:Hopr(HOPR)、マス:Math(MATH)、パールスィック:PARSIQ(PRQ)、イラスト:Elastos(ELA)の6銘柄が上場することが6月22日分かった。

発表によると6銘柄は、流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、6月22日9時(太平洋標準時)以降に取引開始される予定とのことだ。

取引ペアについては、6銘柄それぞれUSDをサポート後、段階的にUSDTをサポートするとのこと。また6銘柄の取扱いは、米コインベースのサービス対象全地域での対応となっている。なお日本は対象外。

コインベースは、新規上場の「検討中」および「計画中」暗号資産リストを公開しており、今回上場する6銘柄は同リストに記載がされていた銘柄となる。

また6銘柄は、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは市場の状況で取引量が増えた場合に、削除される。

各暗号資産について

DeFi Yield Protocolは、クロスチェーン分散型セキュリティネットワークの分散型金融(DeFi)プロトコルだ。イールドファーミングやステーキングなどのサービスに加え、DeFiや教育ツール、NFT、メタバースゲームなど初心者から上級者まで利用しやすい環境を構築している。DYPはDeFi Yield Protocolのガバナンストークンとして機能する。

DYPは現在、クーコイン(KuCoin)やゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やパンケーキスワップ (PancakeSwap)及びV2などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約12億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

Aleph.imは、分散型アプリケーションとその関連インフラであるストレージやコンピューティングサーバー、分散型ID(DID)に焦点をあてたレイヤー2クロスブロックチェーンだ。ALEPHはステーキングに利用できる。

ALEPHは現在、FTXやクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約72億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

Hoprは、レイヤー0のセキュリティを提供しており、既存のアプリケーションやサービス、分散型アプリケーション(dApps)において完全プライバシー通信を可能にしている。HOPRは、ステーキングに利用できる。

HOPRは現在、ゲート(Gate.io)やMEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約38億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

Mathは、Substrate(サブストレート)というブロックチェーンフレームワークをベースとした、モジュラーブロックチェーンだ。MATHは、ネットワーク取引手数料やガバナンス、MathWalletサービス料金などに利用される。

MATHは現在、FTXやゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約23億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

PARSIQは、全てのweb3dApps及びプロトコルのバックエンドを構築するフルスイートのデータネットワークだ。PRQは、PARSIQのユーティリティトークンとなっている。

PRQは現在、ゲート(Gate.io)やフォビグローバル(Huobi Global)、クーコイン(KuCoin) MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3、パンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約35億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

Elastosは、開発者やユーザー自身がデータをコントロールし所有できるオープンソースのプラットフォームElastos SmartWebを構築している。ELAは、Elastosのユーティリティトークンとなっている。

ELAは現在、フォビグローバル(Huobi Global)やクーコイン(KuCoin)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。現在の時価総額は約44億円となっている(6/22 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、「Forta(FORT)」上場へ

米コインベースでDAR、POND、ATA、FIS上場へ

米コインベース、「Wrapped Ampleforth(WAMPL)」と「Index Cooperative(INDEX)」上場へ

米コインベース、暗号資産上場予定リストに16銘柄追加

米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した