米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

米コインベース、新規上場する可能性がある50銘柄を公開

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、今後新規上場する可能性がある暗号資産50銘柄のリストを4月12日公開した。

公開されたリストに掲載されている暗号資産は、2022年第2四半期(4月1日から6月30日まで)に新規上場が検討されている銘柄とのことだ。

なおリストにある50銘柄は、イーサリアム(ETH)基盤のERC-20トークンとソラナ(SOL)基盤のSPLトークンの2種類となっている。

その中には他取引所が発行しているステーブルコインのBinance USD(BUSD)やGemini USD (GUSD)もあり、またブロックチェーンリサーチツールであるダップレーダーのネイティブトークンDappRadar(RADAR)もリストされている。さらにSPLトークンでは「Move-and-Earn」プロジェクトであるSTEPNのユーティリティートークンGreen Satoshi Token (GST)の名前も挙がっている。

今回コインベースが上場可能性のある暗号資産リストを公開したのは、透明性の向上のためであるとのことだ。

コインベースは3月より、上場した新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental(実験的) label」を導入している。今回リストされた銘柄にもこのラベルが付く場合があるとのことだ。

ERC-20トークン(計45銘柄)

Aleph.im(ALEPH)、Arcblock(ABT)、BiFi(BIFI)、Big Data Protocol(BDP)、Binance USD(BUSD)、BitDAO(BIT)、Botto (BOTTO)、Chrono.tech(TIME)、Coin98(C98)、DappRadar(RADAR)、DEXTools(DEXT)、DFX Finance(DFX)、Dope Wars Paper(PAPER)、Drep(DREP)、Elastoe(ELA)、Gemini USD(GUSD)、Honey(HNY)、Hopr Token(HOPR)、Index Cooperative(INDEX)、Indexed Finance(NDX)、Jupiter(JUP)、Kromatika(KROM)、LockTrip(LOC)、MATH (MATH)、Monavale(MONA)、Morpheus Labs(MITX)、mStable Governance Token: Meta(MTA)、Muse(MUSE)、Nest Protocol(NEST)、Opacity(OPCT)、OpenDAO(SOS)、PARSIQ(PRQ)、PolkaFoundry(PKF)、Polkamon(PMON)、RAC(RAC)、SelfKey(KEY)、StackOS(STACK)、StaFi(FIS)、Strike(STRK)、Student Coin(STC)、SwftCoin(SWFTC)、Sylo(SYLO)、TE-Food(TONE)、UnMarshal(MARSH)、Wrapped Ampleforth(WAMPL)

SPLトークン(計5銘柄)

Apricot Finance(APT)、Bitspawn(SPWN)、Green Satoshi Token(GST)、Media Network(MEDIA)、Realy(REAL)

関連ニュース

米コインベース、人気NFT「BAYC」のアニメ映画製作へ

米コインベース、「Mina (MINA)」と「Crypterium(CRPT)」上場へ

BAYC運営「Yuga Labs」、a16zやコインベースらから約550億円調達

米コインベース提供のウォレット、ソラナ(SOL)のネットワークに対応

【取材】日本発SolanaのDeFi「Cega」が約5億円調達、パンテラやコインベースらから

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

 

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した