米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど

米コインベース、新規上場する可能性がある50銘柄を公開

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、今後新規上場する可能性がある暗号資産50銘柄のリストを4月12日公開した。

公開されたリストに掲載されている暗号資産は、2022年第2四半期(4月1日から6月30日まで)に新規上場が検討されている銘柄とのことだ。

なおリストにある50銘柄は、イーサリアム(ETH)基盤のERC-20トークンとソラナ(SOL)基盤のSPLトークンの2種類となっている。

その中には他取引所が発行しているステーブルコインのBinance USD(BUSD)やGemini USD (GUSD)もあり、またブロックチェーンリサーチツールであるダップレーダーのネイティブトークンDappRadar(RADAR)もリストされている。さらにSPLトークンでは「Move-and-Earn」プロジェクトであるSTEPNのユーティリティートークンGreen Satoshi Token (GST)の名前も挙がっている。

今回コインベースが上場可能性のある暗号資産リストを公開したのは、透明性の向上のためであるとのことだ。

コインベースは3月より、上場した新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付ける「Experimental(実験的) label」を導入している。今回リストされた銘柄にもこのラベルが付く場合があるとのことだ。

ERC-20トークン(計45銘柄)

Aleph.im(ALEPH)、Arcblock(ABT)、BiFi(BIFI)、Big Data Protocol(BDP)、Binance USD(BUSD)、BitDAO(BIT)、Botto (BOTTO)、Chrono.tech(TIME)、Coin98(C98)、DappRadar(RADAR)、DEXTools(DEXT)、DFX Finance(DFX)、Dope Wars Paper(PAPER)、Drep(DREP)、Elastoe(ELA)、Gemini USD(GUSD)、Honey(HNY)、Hopr Token(HOPR)、Index Cooperative(INDEX)、Indexed Finance(NDX)、Jupiter(JUP)、Kromatika(KROM)、LockTrip(LOC)、MATH (MATH)、Monavale(MONA)、Morpheus Labs(MITX)、mStable Governance Token: Meta(MTA)、Muse(MUSE)、Nest Protocol(NEST)、Opacity(OPCT)、OpenDAO(SOS)、PARSIQ(PRQ)、PolkaFoundry(PKF)、Polkamon(PMON)、RAC(RAC)、SelfKey(KEY)、StackOS(STACK)、StaFi(FIS)、Strike(STRK)、Student Coin(STC)、SwftCoin(SWFTC)、Sylo(SYLO)、TE-Food(TONE)、UnMarshal(MARSH)、Wrapped Ampleforth(WAMPL)

SPLトークン(計5銘柄)

Apricot Finance(APT)、Bitspawn(SPWN)、Green Satoshi Token(GST)、Media Network(MEDIA)、Realy(REAL)

関連ニュース

米コインベース、人気NFT「BAYC」のアニメ映画製作へ

米コインベース、「Mina (MINA)」と「Crypterium(CRPT)」上場へ

BAYC運営「Yuga Labs」、a16zやコインベースらから約550億円調達

米コインベース提供のウォレット、ソラナ(SOL)のネットワークに対応

【取材】日本発SolanaのDeFi「Cega」が約5億円調達、パンテラやコインベースらから

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

 

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored