米コインベース提供のウォレット、ソラナ(SOL)のネットワークに対応

コインベースウォレットがソラナに対応

米ナスダック上場の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が提供するコインベースウォレット(Coinbase Wallet)にソラナ(Solana)ネットワークが対応開始したことが3月18日分かった。

今回コインベースウォレットがソラナに対応することにより、コインベースウォレットのブラウザ拡張機能で、暗号資産ソラナ:Solana(SOL:ソル)及びSPLトークンの入出金と管理のサポートを開始するとのことだ。

コインベースのシニアプロダクトマネージャーであるアダム・ザディコフ(Adam Zadikoff)氏は今回のソラナ対応について、「コインベースウォレットは、ユーザーがソラナ上の分散型アプリケーション(Dapps)に接続する機能や、コインベースウォレット拡張内で直接ソラナNFTを表示または管理できる機能など、ソラナエコシステムとさらに統合する予定です」と発表にて説明している。

なおコインベースウォレットは現在、イーサリアム(Ethereum)やBNBチェーン(BNB Chain)、アバランチ(Avalanche)、ポリゴン(Polygon)などにも対応している。

国内では現在、SOL取り扱いとソラナネットワークに対応する暗号資産取引所はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)のみである。

関連ニュース

コインベースウォレットがポリゴンに対応

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

国内初、Solana(SOL)とFTX Token(FTT)がLiquid by Quoineで上場

アドビのSNS「Behance」、ソラナ(Solana)NFTに対応

ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

参考:コインベース 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ