ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

ソラナの「Magic Eden」が約32億円を資金調達

ソラナ:Solana(SOL)のブロックチェーン基盤のNFTマーケットプレイス「マジック・エデン(Magic Eden)」が、シリーズAラウンドで約32億円(2700万ドル)の資金調達をしたことが分かった。3月14日ブルームバーグが報じた。

「マジック・エデン」はソラナブロックチェーン上で最大手のNFTマーケットプレイスだ。ダップレーダー(DappRadar)によるとNFTマーケットプレイスのここ1ヶ月のユーザー数ランキングでは、大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)、アクシーマーケットプレイス
(Axie Marketplace)に続き第3位、取引量ではオープンシーに続き第2位となっている。(3/16調べ)。

今回のシリーズAラウンドは暗号資産関連のベンチャーキャピタル(VC)であるパラダイム(Paradigm)が主導し、セコイア(Sequia)やソラナベンチャーズ(Solana Ventures)などが参加した。

「マジック・エデン」は今回の資金調達を受け「世界中に55名の従業員が分散しており、来月サンフランシスコに最初のオフィスを開設する予定です」とツイートしている。

また「マジック・エデン」は14日、ゲームパブリッシャー向けのコンテンツハブである「エデン・ゲームズ(Eden Games)」の立ち上げを発表した。そして「マジック・エデン」の共同創業者兼CEOであるジャック・ルー(JackLu)氏はツイッターで「EdenGamesで30以上のゲームプロジェクトを立ち上げました」とツイートしている。

関連ニュース

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

ニューヨークでNFTアート自動販売機設置、Neonがソラナ(SOL)活用

ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

ソラナウォレット「Phantom」が約125億円調達、iOS版もローンチ

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/
PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored