ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

ソラナの「Magic Eden」が約32億円を資金調達

ソラナ:Solana(SOL)のブロックチェーン基盤のNFTマーケットプレイス「マジック・エデン(Magic Eden)」が、シリーズAラウンドで約32億円(2700万ドル)の資金調達をしたことが分かった。3月14日ブルームバーグが報じた。

「マジック・エデン」はソラナブロックチェーン上で最大手のNFTマーケットプレイスだ。ダップレーダー(DappRadar)によるとNFTマーケットプレイスのここ1ヶ月のユーザー数ランキングでは、大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)、アクシーマーケットプレイス
(Axie Marketplace)に続き第3位、取引量ではオープンシーに続き第2位となっている。(3/16調べ)。

今回のシリーズAラウンドは暗号資産関連のベンチャーキャピタル(VC)であるパラダイム(Paradigm)が主導し、セコイア(Sequia)やソラナベンチャーズ(Solana Ventures)などが参加した。

「マジック・エデン」は今回の資金調達を受け「世界中に55名の従業員が分散しており、来月サンフランシスコに最初のオフィスを開設する予定です」とツイートしている。

また「マジック・エデン」は14日、ゲームパブリッシャー向けのコンテンツハブである「エデン・ゲームズ(Eden Games)」の立ち上げを発表した。そして「マジック・エデン」の共同創業者兼CEOであるジャック・ルー(JackLu)氏はツイッターで「EdenGamesで30以上のゲームプロジェクトを立ち上げました」とツイートしている。

関連ニュース

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

ニューヨークでNFTアート自動販売機設置、Neonがソラナ(SOL)活用

ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

ソラナウォレット「Phantom」が約125億円調達、iOS版もローンチ

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/
PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察