ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

ソラナラボ(Solana Labs)が、QRコード決済が可能な「ソラナペイ(SolanaPay)をローンチしたことが2月1日に分かった。米ドルステーブルコイン開発のサークル(Circle)やソラナウォレットのファントム(Phantom)などがローンチパートナーとなっている。

「ソラナペイ」の加盟店は、ソラナブロックチェーン上の「USDC」、ソラナのネイティブトークン「SOL」、その他のソラナベースのトークンでの決済受け入れが可能になるという。

また決済に関するトランザクションは即座に行われ、加盟店はリアルタイムに支払いを受けられるようだ。その他にも加盟店は、ネットワークコストの削減、DeFiの利回りや即時決済などの機会が得られるという。 また「ソラナペイ」がもつ重要な思想は「決済とその基盤技術が、必要なサービス・ユーティリティから、加盟店と消費者の間の真のピアツーピア通信チャネルになること」とリリースで説明されている。

サークル共同創設者、会長兼CEOであるジェレミー・アレア(Jeremy Allaire)氏は次のようにコメントしている。

「サークルは、消費者向けビジネス向けにUSDC決済を簡素化し適応させるためにソラナと協力できることを嬉しく思います。ソラナペイの立ち上げは、日常商取引のための迅速かつ効率的な支払いオプションを望む商人と顧客のアクセスと利用の拡大に向けた重要なステップとなります」

今後「ソラナペイ」は、加盟店と顧客の直接的なコミュニケーションチャネルの創出、リワードトークンやNFTの送受信、ロイヤルティプログラムの強化などを行っていく予定とのことだ。

参考:ソラナラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored