ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

ソラナラボ(Solana Labs)が、QRコード決済が可能な「ソラナペイ(SolanaPay)をローンチしたことが2月1日に分かった。米ドルステーブルコイン開発のサークル(Circle)やソラナウォレットのファントム(Phantom)などがローンチパートナーとなっている。

「ソラナペイ」の加盟店は、ソラナブロックチェーン上の「USDC」、ソラナのネイティブトークン「SOL」、その他のソラナベースのトークンでの決済受け入れが可能になるという。

また決済に関するトランザクションは即座に行われ、加盟店はリアルタイムに支払いを受けられるようだ。その他にも加盟店は、ネットワークコストの削減、DeFiの利回りや即時決済などの機会が得られるという。 また「ソラナペイ」がもつ重要な思想は「決済とその基盤技術が、必要なサービス・ユーティリティから、加盟店と消費者の間の真のピアツーピア通信チャネルになること」とリリースで説明されている。

サークル共同創設者、会長兼CEOであるジェレミー・アレア(Jeremy Allaire)氏は次のようにコメントしている。

「サークルは、消費者向けビジネス向けにUSDC決済を簡素化し適応させるためにソラナと協力できることを嬉しく思います。ソラナペイの立ち上げは、日常商取引のための迅速かつ効率的な支払いオプションを望む商人と顧客のアクセスと利用の拡大に向けた重要なステップとなります」

今後「ソラナペイ」は、加盟店と顧客の直接的なコミュニケーションチャネルの創出、リワードトークンやNFTの送受信、ロイヤルティプログラムの強化などを行っていく予定とのことだ。

参考:ソラナラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored