「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら

「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら

アプトスラボ(Aptoslabs)が、約230億円(2億ドル)を調達したことが3月16日に分かった。同社はメタ(Meta)のディエム(Diem)チームのメンバーであったモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が創業したレイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」を開発する企業だ。

今回の資金調達はa16z cryptoが主導し、Multicoin Capital、Katie Haun、3 Arrows Capital、ParaFi Capital、IRONGREY、Hashed、Variant、Tiger Global,、BlockTower、FTX Ventures、Paxos、Coinbase Venturesらが参加した。

Multicoin Capitalは、アプトスへの出資について「ここで重要なのはメタやディエムは、アプトスに出資していないことです。デービット・マーカス氏やマーク・ザッカーバーグ氏、そして現在のメタのリーダーも含めて、メタの誰もこのプロジェクトに投資していません。その割り切りは重要です」とブログで説明している。

また資金調達の発表に加え、「Aptos」のテストネットワーク「Devnet」をオープンソースの形でローンチした。Aptosの開発言語はメタのディエムが開発した「Move」が採用されている。

そしてリリースによれば、今年のQ2にはユーザー向けのテストネットをローンチし、Q3にはメインネットのローンチを予定しているとのこと。

すでに「Aptos」上では、次世代ソーシャルメディアプラットフォーム、NFTサービス、Web3ゲーム、メディアやエンターテイメントビジネス、決済基盤、DeFi(分散型金融)と統合されたフィンテックプロダクトなどの構築が進められているという。

またデジタル資産カストディのアンカレッジ(Anchorage)や、暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するバイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)が「Aptos」のコミュニティに参加し、開発に携わっているようだ。

ちなみにレイヤー1ブロックチェーン開発企業の最近の調達事例としては、3月7日にスタンフォード大学の応用暗号研究グループの研究者チームらが開発する「エスプレッソ(Espresso)」が、約37億円の資金調達をしたことを発表していた。

参考:Aptos
images:iStocks/CYCLONEPROJECT・BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored