アドビのSNS「Behance」、ソラナ(Solana)NFTに対応

アドビの「Behance」がソラナ対応

米アドビ(Adobe)運営のSNS「Behance(ビハンス)」に、ソラナ:Solana(SOL)ブロックチェーンのNFTが対応したことが分かった。ソラナ対応はマイアミ拠点のWeb3インフラストラクチャプラットフォームであるクイックノード(QuickNode)が行った。

「ビハンス」は、クリエイターが自身の作品を公開できるソーシャルネットワークサービス(SNS)だ。昨年の10月よりイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンのNFTが「ビハンス」に対応しており、すでに数万人のユーザーが自身のプロフィールでNFT作品を掲示している。

今回のソラナ対応により、ソラナブロックチェーンの暗号資産ウォレット「ファントム(Phantom)」を「ビハンス」に接続することで、ソラナで発行したNFTの掲示が可能になるという。

アドビのヴァイスプレジデントであるウィリアム・アレン(William Allen)氏によると、今回のソラナ対応は現行のイーサリアムによるエネルギー使用量や取引手数料(ガス代)の高さに懸念する声もあり、行ったものだとしている。

アレン氏は、ソラナの1回の取引がグーグル検索2回分より少ないエネルギーでできると説明している。

アドビは昨年10月、Photoshopで制作した作品に、ユーザーのSNSアカウントと暗号資産ウォレットアドレスをリンクできるようにする「コンテンツ・クルデンシャル(Content Credentials)機能」を提供開始した。これによりクリエイターは自身の作品であることがアドレスをリンクすることで証明できるようになった。

なおこの機能についても近日中にソラナ対応が完了するようだ。

アドビは「コンテンツ・クルデンシャル機能」発表時に、今後この機能をイーサリアム以外のポリゴン(Polygon)、ソラナ(Solana)、フロウ(Flow)、テゾス(Tezos)などのブロックチェーンに対応する想定があることも明らかにしていた。

アドビは「コンテンツ・クルデンシャル機能」発表にあわせ、大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)、ラリブル(Rarible)、スーパーレア(SuperRare)、ノウンオリジン(KnownOrigin)と提携もしている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携

ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと

ソラナウォレット「Phantom」が約125億円調達、iOS版もローンチ

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ilya-Lukichev

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ