BAYC運営「Yuga Labs」、a16zやコインベースらから約550億円調達

「Yuga Labs」がa16zらから約550億円調達

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するユガ・ラボ(Yuga LABS)が、約550億円(4.5億ドル)を調達したことが3月22日分かった。これにより同社の評価額は約4,800億円億円(40億ドル)になったとのこと。

今回の資金調達はa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)が主導し、アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と同社の子会社であるザ・サンドボックス(The Sandbox)、コインベース(Coinbase)、FTX、ムーンペイ(MoonPay)、スライブ・キャピタル(Thrive Capital)などが参加したとのこと。

発表によると調達した資金は、クリエイティブ、エンジニアリング、オペレーション部門にわたる人材採用とチーム拡充、及び計画中のジョイントベンチャーやパートナーシップの為に活用していくという。

なお今回の発表を受け、a16zのツイッターのプロフィールアイコンが「BAYC」に変更された。

なおユガ・ラボは19日、「Otherside」と呼ばれるメタバースの紹介動画を公開している。その動画では「クリプトパンク(CryptoPunks)」、「ザ・ミービッツ(The Meebits)」、「ミュータント・エイプ(Mutant Apes)」といったNFTコンテンツキャラの登場する。今回調達した資金が「Otherside」に活用される可能性も考えられる。

また17日には「BAYC」に関連した暗号資産(仮想通貨)エイプコイン:ApeCoin(APE)がリリースされている。なおエイプコインは「BAYC」運営のユガ・ラボ(Yuga LABS)ではなく、ApeCoin DAOが発行するERC-20規格のトークンとなっている。

ユガ・ラボは今後提供を予定している「Play-to-Earn:P2E(遊んで稼ぐ)」スタイルのゲームを始めとした新製品において、このエイプコインを採用するとしている。

また今回の資金調達ラウンドに参加したアニモカ・ブランズはエイプコインリリースの同日に、同社が提供しているモバイルゲーム「ベンジバナナ(BenjiBananas)」にエイプコインを導入することを発表している。

なおユガ・ラボは11日には、NFTコレクションの「クリプトパンク」と「ザ・ミービッツ」のIP(知的財産権)などをLarva Labsから取得したことも発表している。

関連ニュース

人気NFT「BAYC」の暗号資産「ApeCoin(APE)」リリース、海外取引所に続々上場

人気NFTのBAYC運営「Yuga Labs」、CryptoPunksとMeebitsのIP取得

人気NFT「BAYC」が来年ゲームに、アニモカブランズと提携で

アディダスがメタバース事業参入、人気NFT「BAYC」とコラボも

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

参考:プレスリリースTwitter
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催